ベテランデザイナーさんに「お前の名刺NG」と怒られました。

先日、ある集まりにお邪魔した時に、ベテランのデザイナーさんに名刺協会の肩書きが入っている名刺をお渡ししたところ、瞬殺で「ダメじゃん!」と駄目出しをいただきました。

こういう名刺です。

何がダメかと言いますと、

「表がタテなのに裏がヨコになってる!」

これが気持ち悪くて仕方ないというか、どうやらデザイナーさんのセオリーからすると、ありえない行為のようです。

「いやー、失礼しました。」とか言いながら、内心では「よっしゃ!」と。

なぜなら、わたくしのように普通の人間は、とにかく違和感を残すことが、一番「印象に残る」ことに直結するからです。

今度、裏と表が逆さになっている名刺、作っちゃおうかな。(;´Д`A

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ