西の工作師の、ついつい全部見て質問してしまう手製本名刺。

われわれ文具仲間が勝手に西の工作師と呼んでいる北川聖子さん。2回めの登場です。

 

普段は大阪で活動されていますが、東京に遊びに来られた機会に工作好きのメンバーで集まったときに、最新の名刺をいただきました。

 

>>北川さんのツイッター

 

 

本です。

 

手製本の、本です。

 

背表紙は布でできています。紙は、やわらかい和紙系のものを折り曲げて作られています。わら半紙かな?

 

一枚めくってみると、、、

 

 

北川さん、いろいろワークショップやってはるんやねぇ。

 

消しゴムハンコはわかります。豆本もなんとなくわかる。ミサンガも一応知ってます。

 

でも、コロコロアニメってなんやねん!ついつい聞いてしまいます。

 

それで実物を見せてもらったりして、みんなでふむふむ。

 

次のページ行ってみよう。

 

 

ワークショップの続き。いきなり友禅染め!

 

実はこのあたりが大学で勉強した本業らしく、それもみんなでへぇ~、みたいな。

 

しかしまぁいろいろできる人ですね。カルチャーセンターや児童館の先生もできちゃいますね。

 

お気軽にご依頼くださいとのことです。m(_ _)m

 

次のページは、、

 

 

ミンネで作品も販売されているんですねー。

 

売ってる豆本ってどんな大きさなんですか?とまたひとしきり見せてもらって、、、

 

パブーの電子書籍ってなんですの?(みんなガチで知らなかった)って教えてもらったり。

 

 

え、ブクブク交換もやってはるの~?

 

いやー、文具祭りなども、テリーさんがやってたブクブク交換がきっかけですのでね。あれは仲間づくりのすごいパワーがありますですよ。いいと思います。

 

という感じに、結局どんどんページをめくりながら、北川さんにいろいろお聞きしちゃうという、思うがままに操られてしまう名刺ですねこれは。

 

もちろん、工作などに興味のない人にはあまり刺さらないのかもしれませんが、工作好きの人なら、名刺が本という時点でつかまれちゃうわけです。

 

 

参りました。m(_ _)m

 

>>北川さんのブログ

 

>>北川さんのブングスキー

 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

名刺のレイアウトを見直すだけで、これくらいスッキリしますという例。

最近、古いお知り合い、研修講師で心理カウンセラーの鈴木さんの名刺をお手伝いしたのですが、「レイアウトをきれいにしてほしい」という珍しいご依頼でしたので、ちょっとご紹介します。

 

ビフォーはこちら。アスクルの名刺印刷サービスでご自分でデザインされたそうです。

 

 

 

字ばかり並んでいる印象を受けますね。

 

文字の大きさが似た感じですので、一本調子な感じになっちゃうんです。

 

ということで、サイトなどを拝見してテーマカラーを決め、キャッチやタイトルを帯の中に配置して、見やすくなるようにしました。

 

それが以下です。

 

 

 

鈴木さん、今年出版をされましたので、顔写真よりはそちらを優先してアピール。

 

著者というブランドはやはり絶大ですのでね。

 

あとは、業務内容をすっきり整理して並べただけです。これだけでかなり見やすくなったのではないでしょうか。

 

 

フェイスブックを検索窓にするのも、もらった人がアクセスしやすく、というところですね。

今どきの気遣い的な。(・∀・)

 

名刺を作ったんだけど、いまいちモゴモゴしているなという方は、このような点を見直すだけで、かなりスッキリするはずですよ。

 

感情は「5秒」で整えられる 一流ビジネスマンが実践 仕事はメンタルで決まる!

鈴木 雅幸 プレジデント社 2016-05-28
売り上げランキング : 114197

by ヨメレバ

 

 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ