農業共済新聞にて名刺のノウハウを連載スタート

名刺の研究家、高木です。このたび、農業共済新聞さんにて、名刺活用についての記事連載がスタートいたしましたので、ご案内いたします。

ご覧の通り農業分野の業界紙となりますので、基本的には農家のみなさまへ向けた問題提起やご提案という内容になりますが、実は名刺作りにおける業界による差というのはあまりなくて、根本は今までと同じとなります。

ただ、事例などは農家の方がイメージしやすいように想像して、効果的な自己アピール、ブランディングに一役買えるよう、がんばって書いていきたいと思います。

>>記事執筆、セミナー講師のご依頼などはこちらへ

農業共済新聞さんの取材で仕事の効率を上げる名刺の作り方を伝授。

農業関係者さんが読む専門紙、農業共済新聞さんから取材を受けました。

普段なかなか目にすることのない専門紙って、読んでみるとこれがまた案外おもしろいんですよね。農業の分野でがんばっている方々、革新を起こそうとしているみなさんの取り組みなどの特集記事や、かなりマニアックな技術の話なども興味深いです。

お仕事に、もっと名刺を活用しませんか?ということで、普通の名刺じゃなくて、もっとコミュニケーションが円滑に、そしてアクティブになる名刺の作り方をお話いたしました。

著作権の関係で、読める解像度でお見せできないのが残念ですが、ポイントをほどよく詳しく記事にしていただきました。

記者さんとお話する中で、やはり実例がないとイメージしにくいかなということで、実際の現場を想定して、具体的な名刺を作ってみることになりました。

お米の農家さんがいいかな、葡萄農家さんなんてどうだろうといろいろ考える中で、すごく適任の方のお顔が浮かびました。
実際にわたくしがお名刺作成を担当しております、八王子市の酪農家、磯沼牧場の磯沼正徳さんです。

ということで、磯沼さんが子牛ちゃんを抱っこしている写真を拝借しまして、消費者さんに渡す名刺と、業界の仲間や取引先さんに渡す名刺の例を作らせていただきました。(磯沼さん、ありがとうございました!)

さて、磯沼さんの本当の名刺はどんなのか、気になりますよね?

フッフッフ。欲しい方は、ぜひ磯沼牧場へ遊びに行って、もらってくださいねー。

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ