名刺で差をつけろ!買い手市場に転換した就職活動の現場。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

少し前に、就職活動に名刺は案外使えないみたいな記事を書かせていただきましたが、ちょっと状況が変わってきましたかね。

というのは、急に経済の状態が悪くなり、内定をもらっていた4年生が取り消しにあったり、3年生の就活も急に冷え込んできたというニュースを聞きまして・・・

つまり、サバイバルな感じになってきたなと。

そんなときには、人事の担当者に「コイツたくましいなー!」と思われる人間が採用されやすくなるからです。要するに、他人を押しのけて目立つ!イケイケの学生さんのほうが採ってもらえる確率は高くなると思うんですね。

わたくしの就職活動のとき(95年あたり)はまさにバブルが弾け飛んで、超買い手市場だったころ。
何もわからない田舎の学生でしたので、フツーにやってましたが、特に自分の進みたかったマスコミ・広告代理店関係の会社で、なんでもっとはっちゃけなかったのかと、後から後悔したものです。

というのは、人事で自分を採ってくれた担当者に後でいろいろ話を伺ううちに、やはり目立つヤツから選考していくという話を聞いたからです。

優等生ぶって、かしこまって受け答えするよりも、ちょっと枠からはみ出しているくらいの人間を、企業は求めます。(もちろん業種にも依りますが)

特に自分が一番行きたい会社では、どんどん前へ行かないと、後で必ず後悔します。合格圏内にいるという自覚があれば別ですが、高い目標であればあるほど、背伸びやジャンプしないとダメなんです。

ということで、個性派の名刺を作って、人事担当者にバシっと渡す行為も、ここへ来て有効になっていくのではと、にらんでいるわけです。どうでしょう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。