画期的な名刺~わたくしの答えはこれ!(拙著に登場のネタですが)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年末、以下のお題(百式企画塾より)を掲載しまして、やはりコメントはなかったのですが(笑)、わたくしの回答を出してみたいと思います。

(お題)
「まさかこんなことになるとは・・・」。2009年、あなたが考えた「画期的な名刺」によってビジネスシーンが大きく変わろうとしていた。この名刺を使った人は人脈が30倍に跳ね上がった・・・という、その脅威の仕組みについて次のことを教えてください。

その名刺は「人は(A)されたときに相手と仕事がしたい!」という心理法則を応用し、(B)なる機能を備えていた。しかも、(C)なるちょっとした工夫が施されていたため、絶対に捨てられることがなかったという。その名刺の名前は(D)。

(わたくしの答え)
人は(知的好奇心を刺激)されたときに相手と仕事がしたい!」という心理法則を応用し、(自動口コミ)機能を備えていた。しかも、(ミシン目があると破りたくなる)ちょっとした工夫が施されていたため、絶対に捨てられることがなかったという。その名前は(双子名刺)


(実際に双子名刺をご利用中の岡田室内装飾さんのお名刺)

ちょっと文章の流れには合ってないですね。スミマセン。捨てられないかどうかはわかりません。(笑)また、人脈が30倍というのも無理だなぁ。最大2倍にはなると思いますが。しかし3連にすれば「三つ子名刺」ということで、最大3倍の人脈効果が期待できますね。

これは、実は拙著に書いてあるネタなので、あんまり書くと本を買ってくださった方に申し訳ないのですが、ただの名刺ではなく、「ねぇねぇ、こんな名刺もらったんだけどさ。」という口コミを引き起こす「マーケティングツール」として、非常に有効だと思いましてね。
景気のよろしくない日本の営業の現場にプレゼント!ということで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。