広島の竹田さんの名刺。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、広島のアート製本の竹田さんが渋谷に遊びに来てくださいました。近くのルノアールでお茶しばきながら、2時間近く名刺談義いや、マニア話をしてました。

会社名からもわかる通り、竹田さんはプロです。
地元では「名刺コーディネーター」として活躍されています。名刺から始まって、営業ツール全般にわたって、お客様にコンサルされているわけですが、いやーしかしお好きなんですね。

以前から、何種類も名刺を送りいただいていて、毎回バラエティに富んだ「作品」を拝見していたんですが、今回のも面白かったです。

年表バイオグラフィー名刺とでも言いましょうか。
時系列で、年表になってて、その時の運気レベルが折れ線グラフになっています。テレビの細木数子さんの番組で、芸能人のこんな表をよくやってましたね。

あくまでご本人の感じた上下変動なのですが、見てる分にはなかなか楽しめちゃいます。

そして、いろいろ話しているうちに、趣味の話となり、竹田さんの多彩な趣味のなかでも極め付きがこれ!

イルカジッポー?

そうなんです。しかもこれ、レンチキュラー(角度によって絵が変わるヤツね。)で高いの!お仕事で使うより高い名刺作っちゃう人ってすごいですよね。
でも、趣味ってそういうものかもしれません。

竹田さん、イルカ柄のジッポーライターの、世界的なコレクターだったんです。海の生き物の中でも、「イルカだけ」というような集め方をすること自体、昔はなかったそうで、そういう意味でもパイオニアなのだそうです。

現在600種類以上のイルカ柄ジッポーを収集、「TAKE」さんといえば、その業界ではかなりの有名人とのこと。
すごい人と知り合いになってしまいました!(汗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。