肝炎患者であることを知らせる名刺大の携帯カード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、涼しげな表情が素敵な瑛太さんの主演ドラマ「voice」を視ていましたら、解剖学研究室の学生が、解剖する遺体が肝炎患者だったにも関わらず、不注意でケガ、その血液を取り込んでしまうというエピソードがありました。
最悪の場合死に至るということで、怖いなと思って視てました。

そんな中、薬害C型肝炎被害者の方が、自分達以外への感染を防止するために、名刺大の患者カードを作ったというニュースがありました。被害者が、何らかの拍子に加害者になってしまう可能性があるということですね。
社会的に意義があると思いましたので、以下引用させていただきます。

私はC型肝炎です。血液の取り扱いにご注意下さい――。08年6月の東京・秋葉原の無差別殺傷事件の被害者にB型肝炎感染者がいて、救護者に感染の不安が広がったことを教訓に、新潟県内の薬害C型肝炎被害者らが、自身が感染者であることを明らかにするカードを作り、所持する試みを始めた。

カードは名刺大の紙製で、感染者であることや本人の氏名などが書かれている。患者が財布などに入れて日常的に所持し、万一、事故や事件に遭った際には救護者に見せて二次感染を防ぎたい考えだ。

作ったのは、「カルテのない薬害C型肝炎の全員救済を求める新潟の会」(佐藤静子代表、720人)。汚染された血液製剤の投与でC型肝炎ウイルスに感染した可能性が高いものの、カルテなどの記録が残っていない被害者らでつくる。

昨年1月に同会を結成以降、被害者の幅広い救済を求めてきたが、佐藤代表は「『助けて』と社会に救済を求めるだけではなく、自分たちも社会に貢献したい。自分たちにできるのは、新たな患者を絶対に出さないということ」と話す。今後、会員からカードの所持希望者を募る。

C型肝炎は血液を介して感染する。救護者の手に傷などがあって、感染者の血液に触れた場合には感染の恐れがある。(長富由希子) 【asahi.com】より引用

こういった社会的に発すべき、もしくは自分を守るための、自分に関してのメッセージ(使ってはいけない薬やアレルギーなど)を、パーソナルカードにまとめておく仕組みはいいかもしれません。たくさんあると携帯しにくくなりますから。

拙著にも書きましたが、ピクトグラムで自分の属性をコンパクトに示すとかですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。