アイデア名刺の原点とも言えるアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日は、ラジオ収録のあと、飲み会に参加させていただきました。

出版社の方や、ビジネス書の著者の方が多く、さすがにユニークなメンバー揃いでとっても楽しかったです。

その中に、「している株式会社」の徳井社長がいらしたんですが、わたくしが名刺アドバイザーということを知って、こういうものを紹介して下さいました。(立体になっているほう)

以前、思いついて実用新案も取得したアイデア名刺だそうです。

つまり、営業先などへ行って、先方担当者が不在だったときなどに名刺にメッセージでも書いて残したいときに使うと効果的!な名刺です。

机の上に名刺を一枚ペラっと置いても、何気にちょっとよけられてそのままきちんと見られずに終わっちゃうとか、その上にまた書類がどんどん積まれちゃって、結局見てもらえないというパターン、よくあると思うんですね。

そこで、名刺に切れ込みをして上側の紙を差し込んで立体にすることで、「邪魔になるのでとりあえず立体をばらそうとする」⇒「ついでに名刺の中身も見る」という流れになるわけです。

もう、アイデア名刺ここにあり!という、一見ベーシックでありながら、実はやってる人はいない、素晴らしい手法ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。