すべて手書きにこだわるの、やめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あ、名刺交換したときなんかの、お礼状のことです。今までは、なぜか自分の住所氏名まで、全部手書きでしたので、大変だったのです。

しかし、先日ボーっと雑誌を見ていたら、ハガキの達人の方が、あっさり住所のスタンプ捺してるの見て、考えが変わりました。

ということで、住所印を作ろうと。
最近は、宛名も横書きにシフトしつつあるので、まず横タイプにしよう。それから、フォントは、ハガキに合うかわかんないけど、個人的に好みの隷書体(中国の掛け軸に書いてありそうなやつ)にしよう。それから、何気にURLも見てもらえたら・・・といろいろ考えるままに作ったら、こんなコッテコテのスタンプになってしまいました。(笑)

ま、とりあえずこれでハガキ生産能力がかなりアップするのは間違いありません。上がりが楽しみです。

ちなみに、ハガキの達人の記事に書いてあった「手紙の極意」ですが、
・悪筆は「味」と考える。
・太文字で書けば、「絵」に見える。
・怖がらずに、自分をさらけ出す。
・文例集は、自分らしく解釈する。
・住所・氏名のゴム印があると便利。

なるほど。
こういう短い文章を考えるのって、文章の練習にもなりますのでオススメですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。