名刺入れがこんな場面で役に立つとは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

う~ん、こういう本好きなんですよねー。いわゆるTIPS系ですか。
特に、アイデアの出し方、練り方というのは、完成形なんてないでしょうし、永遠に求め続けるのだと思います。

この本では、アイデアを思いついたらすぐに紙に書き落とすことをプッシュしていますが、

・ペンはケータイにぶら下げて必ず持ち歩く!

というTIPSで、常に戦闘態勢でいられるようにしよう、と説いています。となると、その相方の紙ですが、これはそれこそ何でも。名刺の裏でもいいし、レストランの紙ナプキンでもいい、紙は何とかなるものだと書かれています。

とはいえ、100%大丈夫ということはありえないので、紙を忍ばせる&書いたメモをきちんと保管する場所が必要になってくるわけですが、それが名刺入れだというんですね。

「聖域」なんていう表現をされていましたが、確かに名刺入れってコンパクトなせいもあって、いつも「まとも」ですよね。あんまし忘れないし。

拙著にも書きましたが、白紙の名刺サイズカードを入れておけば、先方が名刺を忘れたときにも、「ちょっと書いて」もらうことができますしね。うん、便利便利。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。