こういう本を待ってたんです!上手なビジネスポートレートの撮られ方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


>>タツ オザワさんのサイト(ギャラリーが見られます。)

本当にこういう本を待ってたんです。
ビジネス写真(ポートレート)の上手な撮り方・撮られ方について書かれている本です。

作者は元銀行マンの肖像写真家、タツ オザワさん。
「成功へと導く顔写真」をコンセプトに人物写真を撮り続けている方です。彼のサイトにも、名刺における顔写真の重要性が書かれており、うれしくなってしまいました。

面白いのは、オザワさんの提唱する「顔名刺」。キャッチコピーなどは一切書かずに、顔写真と必要最小限の情報のみを印刷するというもの。これでかえってインパクトを与えることができるそうです。

今までで一番効果があったのは、顔写真のほかには、名前とホームページのアドレスのみを掲載した人だったとのこと。何にも書いてないけど、気になるからついウェブサイトを見てしまうということでしょう。写真に力があると、ここまでの結果が出せるんですね。驚きです。

さて、拙著「1秒で10倍稼ぐありえない名刺の作り方」でも、最も重要と口を酸っぱくして申し上げているのが「顔写真」についてです。でも、自分で撮ったり、家族や知り合いに撮ってもらう写真は、正直イマイチなものが多いんですね。素人ですから仕方ありません。

ということで、わたくしレベルの結論としては、「白黒写真にしてごまかす!」(笑)というTIPSに行き着いたのですが、プロのカメラマン視点で写真が撮れれば、もしくはプロのモデルの意識で写真を撮られれば、もっともっと素晴らしい写真になりますよね。

残念なことにわたくし、知り合いにポートレートの写真家がいなかったので、わたくしもそれ以上をどうすれば良いか、わからなかったのです。でも、この本で勉強すれば顔写真のステージアップは間違いないと思います。うれしい一冊です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。