ついに来た、これは賢い名刺作成システム。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

何が賢いって、(売る側目線の)その仕組みがです。プレスリリースから抜粋。

株式会社CLEATE(本社:東京都港区、代表取締役:岡 大作)は、名刺・ポストカード・各種データ販売を通じてクリエイターを支援する『デザイン百貨店』から、個の時代に対応したプライベートで使うパーソナル名刺『パソメ』を5月28日より販売いたします。

>>パソメスペシャルコンテンツ

■製品特徴1:“手渡した後”のコミュニケーションを重視したパーソナル情報設計
・名刺に住所や自宅電話番号の記載は常識でしたが、個人間コミュニケーションの多くが携帯、ネットに移行した現在では、むしろ繊細な個人情報ですので削除しています。

■製品特徴2:自分“プチ”ブランディングしよう!選べるデザイン300種類以上
・最新のファッショントレンドから個性的なデザインまで幅広くラインナップされた『パソメ』から、自分らしさが投影されたデザインを選ぶ事で、相手に与える自分のイメージを視覚的に“プチ”ブランディング演出できます。

■製品特徴3:無料パソメチャレンジ 携帯インスタントゲーム
パソメ専用QRコード読取画面に表示される『無料パソメチャレンジ』URLに手渡した相手がアクセスすれば、無料でパソメが作成できる権利、または¥500offクーポンが当たる、携帯インスタントウィンゲームに挑戦する事ができます。

なるほど。最近多いネット活動用メインの名刺作成サービスですが、ポイントはQRコードですね。

ただ単に自分のブログなりSNSに飛ばすのではなく、ワンクッションあって、ゲームして当るとこの名刺を無料で作成できる権利があたる!というもの。

仕掛ける側の思惑がバリバリですが(笑)、販促って結局こういうことですよねー。最初のうちは、当選確率高いんじゃないでしょうか?

ただ、住所とか電話番号はおろか、本名まで書いていない名刺をいただくことがありますが、どうも気持ち悪いというか、腑に落ちないのはわたくしだけ?

拙著166ページにも素晴らしい実例をご紹介しましたが、名刺をトリガーにして数珠繋ぎに口コミの輪が広がっていく仕組みはいいですね。もっといろいろ考えたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。