タカギメソッドその2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

拙著、名刺本の中で、仕事をする名刺作りのコツ3つを、タカギメソッドとして紹介しました。

ま、メソッドなんて大袈裟なんですが、何でもネーミングするのが好きなもので。それが、

・顔写真を入れよう

・キャッチコピーを入れよう

・裏面も活用しよう

というわたくしが考える名刺の大原則のことです。

で、それはちょっと置いといて、、、今朝電車に乗ってた時、ある大人しい人の名刺交換の様子がぼんやりとイメージされてきて、間が持たなくて困っている感じを受けました。

それは、仕事をする(はずの)名刺が、うまく機能していない状況を表していました。

つまり、一生懸命作った名刺・・・自分のプロフィールや仕事への思いをぎっしり書いたすばらしい名刺なのに、相手に伝わる速度にギャップがあり、変な間が発生してしまっているのです。

このイメージがはっきりしたんですね。

・・・意味不明なことを申しましてすみません。

順番に言いますね。

1、名刺交換時の伝達チャンスはやはり瞬間的である。

2、よって、最初に相手の目に飛び込ませるメッセージは極短いものでなければならない。文字も大きい。

3、そしてその役割は、その次に読ませたいメッセージを確実に読ませること。

4、その次のメッセージは、最初よりも少し長く、文字も少し小さくてもOK。

5、その役割は、さらなるメッセージを読ませること。

その後は4と5の繰り返しになりますが、優秀なセールスレターと同じように、最初から順番にグイグイと読み進めてもらうことが、名刺に仕事をさせる必須条件である。

というわけで、ふと気付くと全部読んでいる、もしくは思わずあなたに質問をしてしまうような仕掛けが必要。

・・・ですよね。

考えてみると、このあたりの意識が、わたくし非常に希薄でした。反省!

しかし、思い返すと、世の中の「名刺のプロに作ってもらった名刺」も、実はそういう流れを持っているものは少ないんです。
一見、見た目は立派だけど、流れになってなくて、情報が羅列されているだけで、まずどこを見ればいいのかわからない。

多いです。

ということで、いまさらですがわたくし、タカギメソッドを更新しまして、

・気付いたらアクションしている流れを持たせること

についてのノウハウを研究して、「その2」として練り上げたいと思います。ちょっと時間がかかるかも知れませんが、現在あるところでそのあたりの感覚を鍛えています。

そう、アメブロ(アメーバブログ=現在日本一人口の多いブログサービスと言われる)です。

ブログも、(一般的なウェブページでも同じですが)見た瞬間に読んでもらえるかが決まるシビアな場所です。
思わずクリックして読み込んでしまうブログとは何か?

これをそのまま名刺に当てはめて詰めていきたいと思います。
きっと、おもしろいことになるはず!

今日は手始めに、最初のキャッチコピーとして、絶対に次を読みたくなる、中身を知りたくなるフレーズの考え方を勉強してみたいと思います。

>>アメブロガーたちの悲惨な結末・・・

どうです?
書きたくなってきました?おもしろいですよね。
架空のキャッチコピーで構いませんから、まずどんどん練習してみて、感覚を研ぎ澄ましていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。