名刺交換をして、お礼状を出す・・・・・その反応率は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

このブログでも何度も書いているような気がしますが、名刺交換をして、その後お礼状をお出しして、どうなるか?というお話。

最近の反応率(ばくっとですが)は、

同じようにハガキでお返事をいただく・・・5%

メールでお返事をいただく・・・20%

何も反応なし・・・75%

こんな感じです。
どんな感想をお持ちですか?

多い?少ない?
これはわたくしにもわかりません。
わたくしのお礼状の書き方(のマズさ)もあるでしょうし、「ハガキもらっちゃったから、メールで返すのも失礼だし、明日にでも返事書こう。」
という方が多いような気もします。

で、次の日になって、「あ、ハガキが無いじゃん。明日買いに行こう。」
⇒そのまま忘れる。という感じでしょうね。(笑)

こちらからしますと、なんらかお返事をいただいたこの1/4の方は、まず間違いなく覚えます。
特に、ハガキでお返事下さった方については、その筆跡から何となく人柄のイメージが膨らみ、次にお会いしたときの声の掛け方などがシミュレーションできるような感覚になります。

メールの場合も、気軽にやり取りできるので、何度か行ったり来たりして相手のキャラクターをより深く知ることができます。

そうすると、自分とは商売の絡みが出来なくても、何かあったときに、「こんな人いますけど、紹介しましょうか?」というリストにインプットされるんですね。

つまり・・・

お礼状をもらったら、気後れして返事できないとか考えてないで、遅れてもいいから、メールでもいいから返事した方がいい。
何かビジネスや趣味の人脈の起点になるかもしれないから!

ということだけは、言えるようです。
先日伺ったある懇親会では、「顧客とコミュニケーションを深めるためのツール」についてのセミナーだったにも関わらず、名刺交換して何かフォローがあった方はゼロ、わたくしがお礼状をお出ししてお返事いただいた方がメール2名、ハガキはゼロでした。(笑)

実践すればいかに目立つか、お分かりいただけました?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。