斉藤一人さんの黄金名刺を「見せびらかされ」ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
長者番付日本一だった、銀座まるかんの斉藤一人さんといえば、知らない人はいないほどの有名人ですが、実は先日、一人さんの下で働いておられて、最近独立された方と会食させていただきました。

そこで見せていただいたのが、いや「見せびらかされた」のがこの名刺。

正確には名刺ではありませんが。「金持札」という、一枚一枚職人さんが金箔を貼った、お遊びのカードですね。(お遊びの割には、かなりお金かかってますが。)

これを、まわりのみんなに「見せびらかす」ことで、お金持ちになるよーという楽しい取説付きで、どこまでも人を楽しませるのが好きな人なんだなーというのがよくわかります。

もう、集まったメンバーは全員興味津々で、一人さんのエピソードを耳をダンボにして聞いていました。
さすがに常人とはかけ離れた発想と考えの持ち主で、「常識」外の世界があることを意識して仕事をされているらしいです。

一番笑ったのは、「げつ」のお話でしょうか。

「靴と下駄の合体でげつなんだけど、下駄みたいにすぐに着脱できる靴があったら便利じゃない?」

いつもこういう話を社員にしてくるので、反応に困ってしまうらしいのですが、まさにこういった「何の束縛も受けない発想」から、「スリムドカン」のようなすごいネーミングが出てくるわけですね。

さて、わたくしもブログで金持札を見せびらかしましたので、お金持ちになりますよー。

JUGEMテーマ:ビジネス

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。