「名刺アドバイザー下手こいた」の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
いやー、大変お恥ずかしい上に失礼をいたしました。

実は、6月の出版以来、本の宣伝用にお配りしてきた名刺の住所が違っていたのです!!!

全く、名刺アドバイザーの風上にもおけませんね。orz

なぜ気付いたかというと、中山マコトさんに
「高木さんに本を送ったんだけどさぁ、戻って来ちゃってね。宅配の人が『ビルがない!』って言うんだよね。そんなことあるんだろうか?」
と教えていただいたからなんですが、

「まさかそんなことありえないですよねー、ビル消滅!クックック。」

と笑っていた20秒後、中山さんに以前お渡しした名刺を確認したわたくしの表情は凍りついたのでした。

「す、すみません。マジで番地が違ってる~」

今までに、200枚以上お配りしている名刺です。
ヤバイです。
もしその間、わたくしに何かお送りいただいた方がいらしたら、戻ってしまったのかも知れません。
本当に、大変失礼いたしました。m(_ _)m

さて、その中山マコトさんですが、本日まで新刊のキャンペーン中です。
中山さんの本は「読みやすい・わかりやすい・実践しやすい」の三拍子なので、以前から大ファンでその名刺に関する知見にもかなり影響を受けています。

働く名刺を作りたいと考えていらっしゃる方に有効なのは、2007年の「仕事がどんどんやってくる目立つ技術」、そしてこの度の新刊「名前買いを起こせ」ですね。

新刊は基本的に、お客さんが思わず手にしてしまう(=選んでしまう)ネーミングの本なのですが、それを「自分の肩書き」「自分のキャッチコピー」に当てはめてみれば、実は自分をネーミングすることが名刺から始まる自分のブランディングに、いかに重要な要素か、おわかりになると思います。

「名刺が働く=大勢のなかから自分を選んでもらう」
ということですからね。

少なくともわたくしと波長の合う方なら、中山さんの著作はハズレがありません。どんどん勉強してネーミング名人、名刺の達人になっていただきたいと思います!

>>本日8/20限りのキャンペーンはこちら
(一章が無料で公開されています。)

JUGEMテーマ:ビジネス

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。