名刺にQRコード、ついに来るか???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
3年前にこんな記事を書きました。

名刺(アナログ)からウェブへ誘導するのに、QRはどうかということで、まだそのころはスマートフォンがまだまだ普及していませんでしたので、正直、わざわざケータイページ作ってまで誘導するってどうよ、という気分でした。

しかし、、、

今やスマホ全盛。フルブラウザでサイト見れちゃうし、主要なサイトやブログは「スマートフォン用ページ」を生成する仕組みを備え始めています。いや、ガラケーだって以前とは全然機能や性能が違います。

と考えますと、一発でサイトに誘導できるQRって、ついに大ブレイクの時が来たのでは???なんて思ったりしまして本日の記事というわけです。

実は少し前に、「QRコードを名刺に入れて欲しい」というお客様がありましてね。
・会社名
・名前
・ケータイ番号
・ケータイメールアドレス
・PCメールアドレス
を、ギュッとコードに圧縮しました。(さすがにちょっと情報多くて、大きなコードになり、それを印刷に落とし込むのでどこまで印刷解像度が耐えられるか心配でしたが、全然大丈夫でした。)

業界によっては、結構使われているんだなぁと気付かされたわけなんです。

で、ふとフェイスブックを見ると、何気にQRコードが貼り付いているじゃありませんか。


これは個人のページの右のバーです。フェイスブックモバイルへのアプローチですね。これはわかる。フェイスブックは「SNS」というより、もう一歩上の段階、「インフラ」を目指しているわけで、当然のことながら24時間アクセスしてもらうことが最重要課題ですからね。

ミクシィもモバゲーもグリーも、ケータイで伸びたみたいなところありますし、モバイル戦略は大事なのでしょう。もちろんわたくしもiPodTouchでいつもチェックしております。

もうひとつは、facebookページに掲載されているQRコード。

これは日本名刺協会のfacebookページの左側バー。
こちらは名刺協会facebookページのURLが表示されます。

フェイスブックって言ったら、きっと頭のいい方が集まっている会社なんでしょうから、そこが活用しているのですから、これはきっと可能性ありますよね、って単純に思っているのですが、どうなんでしょうねぇ。

そうだ。QRコードの活用について、アンケート取ってみようかな。
ぜひご参加を↑↑↑

QRコードを生成してくれるサイトはこちら

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。