マイルスに一番近づいたフォトグラファーの名刺。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フェイスブックのほうで、「ジャズ部」というゆるーいおしゃべり場のグループを立ち上げたのですが、それはもういろんな方がいらっしゃいます。

ジャズを聴くのが好きな方、演奏もする方、プロのミュージシャンの方、、、

今日いらっしゃったのは、なんとジャズミュージシャンを撮るフォトグラファーさん!
内山さんとおっしゃいます。(きっと多くの方が彼のジャズミュージシャン写真を見ているんでしょうね。)

内山さんのキャッチコピーは、
「マイルスに一番近づいたフォトグラファー」
あの帝王マイルス・デイビスの写真、たくさん撮られているんですね。

ポートレート写真の場合、いい表情を引き出すには、被写体と仲良くなることがまず必要とお聞きします。内山さん、あの気難しいマイルスとどうやってスキンシップを取ったんでしょうね。
機会があったらお聞きしたいものです。m(_ _)m

>>この名刺の説明は内山さんのブログで

やっぱカッコイイですね。
わたくし、アマチュアのトランペッターだものですから、やはり死後何年経っても憧れです。m(_ _)m

JUGEMテーマ:芸能

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。