名刺をぶっ壊す?穴の開いた名刺の効能とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小泉元首相じゃありませんが、今回は名刺を「ぶっ壊す!」がテーマです。

「え、何言っちゃってんの?」

ですよね。お客様に渡すものですもんね。壊しちゃぁいけません。
いけませんねぇ。

でも、今回のは、かなり効果あるんです。
やっぱり、壊すことにします!(笑)

前回は、「角を丸く。真四角でない形に」しましたね。
実はあれ、最初ですからおとなしめにしました。
あれくらいなら、誰にもすぐ抵抗なくできますよね。

で、今回は、もっと壊します。
どう壊すか???

名刺に、穴を開けます。

「え、何言っちゃってんの?」

また聞こえてきました。(笑)
もちろん、ふつうにボコっと穴を開けてもダメですよ。じゃあ、どんな穴を開けるというのか?

簡単です。いいものが売っているんです。

またか!とお思いでしょうが、売ってるんだから仕方がない。
ただ、誰も名刺に使おうとしていなかったのです。
それに気付いたあなたは、ラッキーです。ほんとにラッキー。

そう、またまたカールさん。今度はクラフトパンチという商品です。
前回、角を丸くするときに、いろいろ見た人は覚えているでしょう。
勘のいい方は「これ、名刺に使えるんじゃないか?」と思われたかもしれません。

そうなんです。
これが、「受け取った人が必ず目を見張る」名刺を作る道具です。

ただ、柄を選ぶことが重要です。どれでもいいわけでは、ありません。
とりあえず営業系で無難なのは、「ラッキー」や、「マジック」を感じさせる柄。

すると、かなり限られてきますね。
例えば、、、、「エンジェル」「四つ葉のクローバー」「三つ葉のクローバー」「魔法使い」「ハート」「太陽」
といったところでしょうか。

クラフトパンチで開けた四葉のクローバーの穴 

どんな柄を選ぶかで、かわいすぎると微妙ですけど、先方が女性でしたら問題ありません。
きっと「かわい~!」って言ってくれますよ。

以前にも述べましたが、名刺は渡す相手によって、場所によって、変えるべきです。
ですから、季節によっては「クリスマスツリー」になったり、はたまた「ドルフィン」になったりね、いろいろと思いをめぐらして考えてみてください。

そいでもって、どうして「ラッキー」「マジック」系の柄を選ぶのか。
ここですね。ポイントです。

答えは簡単です。物語を作りやすいからです。
例えば、「四つ葉のクローバー」でしたら、「お渡ししたお客様にラッキーがあるといいなと思いまして。」
普通なら歯の浮くようなコテコテのセリフも、この名刺を渡しながらなら、わりとさらっと言えるのでは?

もちろん、お話を自在に作ることができる人は、何の柄でも構いません。お好きなものをどうぞ。
それこそ、ただの丸い穴でも、「見通しが良くなりますように」「風通しの良いお付き合いを」なんて言えるわけです。
ものは言い様ということですね。

会社の名刺にちょい足し、いや、ちょい引きでアレンジを。

初対面の方とのアイスブレイクにいかがですか?というお話でした。

クラフトパンチ

 

 

by カエレバ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。