朱色の魔法名刺?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さて、突然ですが今回のネタは、前回までの穴を開ける名刺よりも「キャッチ名刺」であることは間違いありません。

お渡しした方の、顔の筋肉が、一瞬緩む。

この場面を何度見たことか。やはり日本人なんだなあと、改めて思います。
(逆に、この東洋的な雰囲気は、西洋の方には、もっと受けるんでしょうね。)

そうです。名刺に、スタンプをドカンと捺しちゃうんです。
もちろんシャチハタの、ネームスタンプじゃダメですよ。

スタンプで、メッセージを伝えるのです。

いつもながら、見たほうが早いと思うので、見てください。
ちょっとずつメジャーになっている、「筆彦

いいでしょ。ベタですけど。
少なくともこういうものが捺してある名刺はもらったことはないと思います。

しかも、ちょっとまた反応が違うんです。
今までのTIPSも、「おっ」って言われましたけど、これは「おっ、いいねえ。」まで言ってくれます。
皆さんね、こういうの好きなんです。

以前、クローバーの柄にパンチした名刺を渡したお客様が見てて、
「あれ?名刺変わったの?それも頂戴よ。」
とせがまれたりします。

そういう反応をいただけると、勝ちですよね。
「スタンプ名刺の○○さん=ちょっとユニークな人=また会いたい」
という図式がお客様の頭の中に、インプットされます。

メッセージの内容は、やはり「初めまして」とか「ごひいきに」とかがいいみたいですね。経験的に。
今どきクサいし、ダサいんですけど、結局これが一番受けます。

また、縁起のいい言葉シリーズも、話のきっかけになりますよ。

例えば「太一」とか。

これって、実は太一君という名前ではなくて、「たいいつ」と読みます。
辞書で調べると載ってますよ。
とってもいい言葉です。
「何?太一って。」とこう来ますから、自慢げに教えてあげて下さいね。
場の雰囲気がほぐれて、きっとその日の商談は、いつもよりうまく行くはずです。

ところで、、、
ゴム印を受注している文房具屋さん、印鑑屋さんに行って、
「こういうゴム印作ってください。」
といって原稿を渡すと、実はそんなに高くない料金で世界にひとつだけの印鑑を作ることが出来ます。
ご存知でした?

[作り方]

1.筆ペンなどでメッセージを書く。

2.スキャンしてパソコンに取り込む。

3.枠などをつけて、デザインする。

4.作りたい印鑑の大きさに合わせて拡大・縮小。

5.プリントアウトして、お店へ。

凝り出すと丸一日とか、かかります。
時間がもったいない人は、既製品を買いましょう。(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。