点字のある名刺 その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おはようございます。タカギです。

▼つばめやは、恥かしながら全然バリヤフリーじゃ、ありません。

ビルの入り口には段があり、間口も狭いので、車椅子の方は、実際のところ、入っていただくことが、難しい状況です。

うちみたいな中小企業では予算の関係もあって、なかなかすぐには対応できないのが、正直なところでしょう。

でも、少しでも出来ることは、たくさんあると思います。
名刺に点字というのも、気軽に出来るひとつですね。
特に、昨日挙げたような職場の方々は、ノーマライゼーションへの第一歩として、トライしてみては、いかがでしょうか。

▼で、作り方。

テプラを貼る。それだけです。

テプラにそんな機能あったっけ?そう、なかったんです。
でも、昨年発売の新機種「テプラ」PRO SR6700Dは、点字印字機能が付いてるんです。普通に日本語を打ち込んで、点字か文字か選ぶだけ。
両方も出来ます。(両方ってのが、実はミソ。)

これまで、点字表示がなかなか広まらないのには、わけがありましたまず機械。
点字ラベラーってのはあったんですが、非常に高かったんです。
10万円以上とか、平気でしてましたから。

また、点字表示の誤りという問題もあります。点字ラベルやプレートを貼る際に、貼る場所や上下を間違えてしまうケース、実は多く発生しています。

実は貼る人が点字を読めないので、貼り間違えても気がつかないままになっていることも多いのです。
ある福祉団体の調査によると、視覚障害者の43%が、上下逆さまに貼られた点字を経験しているとのこと。つまり意味なし。

作るほうもよくわからないから、いい加減なまま放置されてしまうんです。この新しいテプラは、文字と点字を同時に印字できるので上下間違いもなく、正しく表示することが可能です。

これで、自分の名前を点字印字して、名刺に貼りましょう。
名刺情報のすべてを点字にすると、A4くらいの大きさになりますので、注意。(笑)
名前だけでいいと思います。
「よろしくどうぞ。わたしは○○です。」
って、スマートだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。