置いてくるスタイルの営業さんの名刺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

▼置いてくるための名刺。

最近、ポストに、チラシと共にセールスマンの名刺が入っていたりします。
投函という、控えめな営業活動ながら、ちゃんとした者が伺いましたよというアピールですよね。
ですから、たいていは、ひと言メッセージが添えられていますね。

まあ、そこから成約までもっていくのは、大変でしょうが、その名刺ひとつ
にも、その会社の、そして営業マンの性質・性格が表れますね。

・名刺の裏に、メッセージを書き込む欄が作ってあるorない。
 (せっかく書くのだから、ちゃんとしたスペースが欲しい!)

・名刺に、顔写真が入っているor入ってない。
 (営業マンは顔が命。)

・メッセージの字がとってもキレイor読めないほどキタナイ。
 (汚い字は人格を表します。せめて、丁寧に書いて欲しいなー。)

・メッセージの内容が、気が利いているor普通。
 (「宜しくどうぞ!」って何を宜しくなんだか。何か言うことないの?)

などなど、、、

いろいろな要素が絡み合って、すぐゴミ箱か、同封チラシを見てもらえるかの判断を下されることになります。ちょっと振り返ってみては?

▼こういった営業パタンなら、それ用の名刺を作らなきゃ。

住宅地の場合、最初にご覧になるのは、奥様方でしょうから、女性に受けやすいように、優しい印象の色使いにしたり、主婦の大好きなクジをつけてみたり、ダイエット情報や、占いなど、ベタですがいくらでも出てきますね。

逆にビジネス街のポスティングならば、総務系の方が見る確率が高いハズですから、思わず反応してしまうように、チラシもろとも請求書が入っていそうな茶封筒に入れてみたり。(結構わたくし引っ掛かります!)
「間違って捨ててはいけない!」という意識を逆手に取るわけですね。

こんな感じで、
受け取る相手を考えることで、工夫はいくらでも出来ると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。