反応させるためだけの名刺もあっていい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いわゆる営業ツールについて。かなり範囲の広い言葉ですが、モノという観点から、お話してみようと思います。

▼営業ツールとしての名刺

営業ツールとしての名刺には、無限の可能性を感じています。だからこそ、変わり名刺の販売などもやろうと思っています。

・自分を紹介するもの
・商品やサービスを紹介するもの(ショップカード)

普通はここまでで終わりだと思うんですが、これにもっともっと機能を盛り込んでいきたいと思っています。

やはり、「営業」ツールとしては、反応を取らないといけませんから、渡した後に思わず反応してしまう仕掛けを作りたいところです。

例えばこんなの考えてみました。

普通にご挨拶で交換する名刺だけでなくて、展示会やDMに入れてばら撒く名刺もあると思います。
よく、パンフの肩にクリップで留められています。

そこには、名刺の裏に、「大切な情報」が書いてあるということを示してあります。
思わずパッと裏を見ると、、、

「大当たり!」の文字が。出来れば、スタンプなどで手捺しのものですと、リアリティが演出できますね。

当った方には、ためになる小冊子や、製品のサンプルなどをプレゼント。
当った名刺をコピーして、お客様の情報とともにファックスいただくように
しておくと良いでしょう。
ネットでお申し込みは、なかなかしてくれませんねー。
やはりアナログはアナログで始末をつけるのがいいみたいです。

あと、どう繋げるかは工夫次第ですが、こういった単純な仕掛けは、文字通り単純に反応してくれますので、使えますよ。

名刺じゃないけど、わたくしも何度も「反応」してしまいましたから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。