縁の強くなる名刺を作ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なかなか名刺の販売サイトが始められないつばめやですが、普通に注文は受けています。
イラストレーターのデータでいただいてもいいし、イメージを伝えてもらって、こちらでレイアウト、テンプレートをお作りするパタンも可能です。
さて、最近考えている名刺のことや、アイデアを。

▼「縁」ということを考えると・・・

「みどり」ではなく、「えん」ですよ。わたくしよく間違います。
どんな仕事も、お付き合いも、縁があって発生します。それが強ければ良い結果を生み、長続きすることとなり、弱ければ当然消滅していきます。

で、悲しいのは、仕事が絡むと、「縁」ではなく「欲」が先立ってしまうことだと思うんです。
要は、まったくのプライベートで名刺交換したとしても、会社の名刺をそのまま渡したりすると、会社名がどうしても先に立ってしまうから、「おお、○○会社にお勤めなんですか!実はわたくし、△△の仕事をしておりまして・・・」と、どうしても自分の仕事に絡めた話をしてしまいがちです。

名刺を渡した方は、特に仕事の話なんかするつもりがないのに、こういう展開になってしまって、ちょっと閉口気味に。
これでは、もしかして良い縁だったかも知れないのに、片方のテンションが下がってしまい、弱い縁になってしまいます。

名刺を渡された方にしても、いきなり会社の冠がある名刺では、どうしてもそんなリアクションをせざるを得なかったりして、お互い良くありません。

ということで、「会社名は小さいプライベート名刺」のススメ!

いつも「会社名」が書いてあるところには、自分のキャッチコピーや趣味など、相手との距離を縮められるような文言を!会社名も、印刷していいとは思いますが、下のほう、というか、話題として2番目、3番目になるような位置にセットしましょう。

そうすることで、1番目の話題で温まってきた頃に、「あれ、○○にお勤めなんですか?実はわたくしは・・・」という感じで、スムーズに強い縁が作れるはずです。

「仕事欲は後回し、先に相手との関係をホットにして、強い縁を作ろう。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。