名刺交換の際の演出。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

名刺のねたを、たまにこうやって吐き出していないと、落ち着かなくなってまいりました。
というわけで、名刺のあれこれ。

▼名刺をいただいたとき。

名刺を交換したとき、どんなアクションをするとよいか、ってお話。

相手の名刺が、いわゆる「突っ込みどころ満載」だったら、話題にはこと欠きませんが(もちろん自分の名刺にパクっと食いついていただければそれでオーケーですが)、フツーな感じの時は、こうするといいかなと。

たまにいらっしゃいます。やってる方。

⇒相手のお名前を読み上げる!

下の名前などに、読み方のわからない字が含まれている可能性は、案外高いものです。
その確認を含めて、とりあえず「○○○ ○○○○さん」と読み上げます。読み方間違ったら、まずそこで話題が発生しますのでオーケーですね。

また、間違えなかった場合でも、読み上げることによって、「あなたのお名刺、確かにいただきました。」ということで、自分はあなたのこと覚えたいんですよ感!大事にします感!を演出することが出来ますよね。
「演出」というのも、ちょっと悲しい感じですけども。

でも、ビジネスもエンターテイメントととらえれば、多少オーバーな演出は当然のことです。

ということで、ソフトに、丁寧な感じで読むと、好感触を持ってもらえると思います。
丁寧すぎて、気持ち悪いのは×ですけど。
「○○様」って様つけちゃうとかね。
時と場合によりますが、そこまでへり下らなくていいと思う。
誇りは捨てちゃイカンです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。