自分のキャッチコピー(肩書き)を見つけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

商品のキャッチコピーは毎日考えているけれど、自分を表すコピーとなると案外思いつかないもの。
そのあたり、考えてみます。

▼自分のことは、一番わかってない。

先日、個人的な名刺のご相談にいらした方に、「キャッチコピーを作りませんか?」とご提案したところ、ちょっと困っていらっしゃいました。
自分を表すキャッチコピーというのは、普通持っていないものですよね。

それは、なんだか恥ずかしくて作りにくい、言いにくいというのもあるとは思いますが、自分のことを案外わかっていなくて、書けないという人が多いみたいです。

あ、ここでいうキャッチコピーとは、名刺の「肩書き」部分に書く内容です。
一般的な役職などでなく、あなたを一番表現できるコピー。

単に、「○○ならお任せ下さい!」「○○のエキスパート!」というのではもう普通な感じ。
いかにも仕事下さいっていうコピーですしね。

信頼感を持っていただけるようなコピーも大事ですが、わたくしでしたら親近感を持っていただけるようなコピーのがいいなぁ。
もらって楽しいし。

ということで、最近アスクルのお客様にお渡ししている名刺には、

「トランペットを2本同時に吹く男」

と印刷しております。(笑)

あまりに突飛というか、関係ないことが書かれていますので、「えっ?」ということで、直接お渡ししたお客様は「どういう意味ですか?」って質問して下さいます。
仕事ではなくて「趣味」のこと、しかも「意味不明」な言葉を書くことで、二重の???を与えてしまうんですね。

もし、仕事関係という枠を外したくない場合も、例えば文具店のスタッフならば、「コクヨのカタログめくり検索速度ナンバー1」とかね。
かなり細かい点を突いて、???を引き起こすというわけです。

さて、あなたは何でキャッチします?
考えてると、とっても楽しくなってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。