○○で仕事してみる???芸能人みたいな名刺ができますけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

商品のキャッチコピーは毎日考えているけれど、自分を表すコピーとなると案外思いつかないもの。

▼コピーどころか、○○を変える???

あの有名なレンタルのニッケンでは、もう20年も、全社員が「ビジネスネーム」という「芸名」で仕事をしています。
ちなみに大真面目です。

芸能人だって、仕事のために名前を考えて、最適だと思うものを名乗っているわけですから、一般の企業人だって、仕事のための名前を持つのは、確かにそう言われるとおかしくありません。

そもそも、日頃相手に渡す名刺だって、本当に本名が書いてあるのかどうかなんて、誰もわかんないですもんね。
そう考えればどうってことないはずです。

ただし、例え「芸名」だとしても、当人にとっては、一人「違う自分」が生まれるということ。
その影響は良いこと悪いことあるはずです。

良い面で言えば、今までの自分から脱却して、非常にリフレッシュされた感覚で仕事に取り組むことができるという可能性。
前向きな人なら、この新境地で、大いに羽ばたくことができるでしょう。

逆に、新しい名前が出来たことで、自分に対する責任感が薄れて、悪いこと考えたり、いい加減な仕事っぷりになってしまう人も出てくると思います。

新しい名前は、少なくとも「自分はこうありたい」という願いを込めて考えるでしょうから、いわば究極のキャッチコピーと言えますね。

あなたなら、どんな芸名にしたいですか?

*「ビジネスネーム」の件、詳しくはこちらで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。