本当にピンチの時には出せないピンチ名刺。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

名刺が平面だという常識は、持っていても仕方ないのかも。

これはまた思い切ったことをしましたね。(笑)

名刺は白くて四角い紙であるという、一般的な常識をはるかに超えた作品です。

というか、自分の名前を相手に知ってもらうという名刺の基本的な機能を考えたときに、二次元でなくてはならないなんて、決まりはないですからね。
この情報過多のご時世、とりあえず目立たないと生き残れませんから、これくらいしてもいいのかもしれません。

ま、名刺ホルダーに入りませんから、これだけ渡すのも不親切ではありますが。
そんなときは、紙の名刺もちゃんと添えるとか、相手の顔を見て判断しましょうね。

(写真:flickrより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。