名刺交換の際の究極の作法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビジネス書を読んでいると、名刺について書かれている場面にしばしば出くわします。
有名なビジネスマンや成功者と呼ばれるその著者の、名刺に対する思いをちょっと覗いてみましょう。

▼小笠原敬承斎(作法の小笠原流宗家)

「名刺は持ち主自身であると心得ましょう。

名刺の受け渡しは、初対面のあなたの印象を大きく左右することのひとつです。」

アマゾンより

小笠原流礼法・美しいことばとしぐさが身につく本「おそれいります」』より

以前も書きましたね。

名刺は自分の分身である。

だからこそ、自分のキャラクターきちんと表現された名刺をお渡しするべきであり、名刺交換の際のマナーにもあなた自身が色濃く出てしまうんです。
良くも悪くも、ですが。

そういう意味では、会社の名刺で統一のデザインのものを使うということは、その会社のキャラクターを「うちはこんな感じの会社!」とお知らせしていることになるわけです。

ホリエモンの名刺なんかいい例ですよね。
渡された瞬間に、「何か他の会社と違うような気がする。」「すごいパフォーマンスを見せてくれそうな気がする。」という印象を与えることができれば、会社で統一の名刺であっても、それはそれで大成功です。
もちろん、当たり障りのない印象を持ってもらいたい!という場合には、ものすごい普通の名刺をお渡しすれば良いと思うのですが、このご時世、出ない杭はどんどん陥没していきますから、そんな会社はありませんよね?(笑)

一般的には、まだほとんどの会社が普通レベルの名刺です。
そういう状況で、、、
やりますか?
それともやりませんか?
簡単な二択なんですけどね。

そして、ここまで書いてもやらない会社がほとんどです。
つまり、実行した会社がどれだけ優位に立つか、それはご理解いただけると思います。

話は戻りますが、

名刺は自分自身を表す。

それを心得ていれば、逆に相手の名刺もおろそかにはできないでしょうから、自然と扱いも優しくなり、あなたの「品格」もアップするのではないでしょうか?
細かなルールではなく、こういう気持ちが一番の作法なのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。