慶弔時の名刺マナーと、四川大地震に哀悼の意。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

四川大地震に哀悼の意を示す中国のポータルサイトやバナー

中国・四川省で起きた大地震で、多数の方が亡くなられている報道に、毎日胸が痛みます。中国政府の救助受け入れ体制が遅延したなど、問題はたくさんありますが、亡くなった方には純粋にお悔やみ申し上げます。そして生き残った被災者の方、悲しみ苦しみを乗り越えて頑張ってください!(月並みな表現で申し訳ない。)

上の画像のように、中国のポータル的なサイトが、軒並み白黒に衣替えし、哀悼の意を示していますが、お弔いはモノトーンというのは万国共通のようですね。

募金やボランティアって、黙ってこっそりするものだと思いますので、人様にもしろしろと勧めませんが、もし、せめて募金したいけどどうすればいいかわからない方は、ヤフーの募金サイト(ミャンマーなどへも募金できます。)ワールドヴィジョンジャパンハビタット・フォー・ヒューマニティアムダなどで受けつけていますので参考になさって下さい。

慶弔用の名刺は白黒がマナー。

さて、話は変わりますが(いや、なにげに関連してますが)、慶弔用の名刺をご存知でしょうか?
こういった場合は、白黒のものをおいてくるのがマナーです。
最近はロゴなどでカラーの入った名刺が多いですが、こうした場ではあくまで控えめに、アピールを抑えた名刺が必要です。
ロッカーの中に、数珠と黒いネクタイ(女性の場合は何になるのでしょう?)とともに常備しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。