小山薫堂さんの名刺とツーショット(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

憧れの小山薫堂さんの名刺と。

わたくしの尊敬するクリエイターのひとりで、小山薫堂さんという放送作家の方がいらっしゃるんですけども、彼の名刺は、名前をあの笠智衆さんに書いていただいたのだそうです。すごい味があります。

んで、自分もこういう書道の名刺が欲しくなって、書道家にお願いしたいなと。

今回は落岩秋水さんという先生に隷書風に書いてもらいました。隷書っていうのは、中国の古い書体なんですけども、ちょっと横長っぽい四角い感じが好きなもので、リクエストしたんです。

画とか当の旧字がまたいい味出してるでしょ?

紙も、和紙のしっかりしたものにしまして、字に負けないように。
それからプリントも、レーザーだとテカるので、インクジェットで和紙に馴染む感じでやってみました。

うーん、かなり満足です!
秋水さん、素敵な書をありがとうございました!!!

でも、実は裏のデザインがまだなんだよなー。(笑)
おいおいやろうっと。

真言宗のお寺の和尚さんが、毎朝おつとめの後に、手書きしてくれるサービスを発見しました。身近に、気軽に頼める書道家がいない方はどうぞ。密教文化の流れをくんでいるのでしょうか?独特の味のある文字ですね。

和尚さんが書く独特のお守り文字の名刺
世界でたったひとつの筆文字名刺(お坊さんが書く筆文字遊書サイト、お守り文字.jp)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。