名刺とQRコードについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いま名刺のプロデュースをしている方から、QRコードについてのふとしたご質問をいただきましたので、いっしょに考えてみたいと思います。

「携帯用のサイトがなければ、やっても意味がないような気もするし、最近は携帯も良くなっているから、それでも良いような気がするし。
世間の常識としては、どうなんでしょう?」

はい、そもそもQRコードとは何か?からいきますと、

QRコードとは、1994年にデンソーの開発部門(現在は分離し、デンソーウェーブとなっている。)が開発したマトリックス型二次元コードの一種。白と黒の格子状のパターンで情報を表す。なお、QRコードという名称(および単語)は同デンソーウェーブの登録商標となっている。
QRはQuick Responseに由来し、高速読み取りができるように開発された。日本では最も普及している二次元コードと言える。(ウィキペディア)

なるほど。これを名刺にどう活用するか?ということですが、現状、QRコードを撮影して情報に変換する端末はほぼ100%ケータイ電話です。
つまり、ケータイの画面で何を見てもらうか?ということになります。

当然、ケータイの画面は小さく、PCと同じ情報量を掲載することは不可能=PCのサイトをそのまま見せるのは無理!です。

つまり、ケータイで見てもらう専用の携帯サイトを作らなければなりません!

・・・と思っていたのですが、そうでもない。
もっといろいろ可能性はあります。これまでにいただいた名刺のQRコードの用途を思い出してみると(というか、今回あわててQR読み取りしてみたのだが)、

・ケータイのメールアドレス
・会社やお店の地図
・クーポン(画像)
・顔写真やプロフィール

などがありました。
もちろん、本格的なケータイサービスサイトや、携帯会員のようなものへの申し込みボタン、独自のSNSサイトへの誘導など、ちゃんとやればちゃんとした使い道はあるのですが、かなりお金がかかりますからね。

ですから、とりあえず上のような、気軽にできるところから、やってみればいいんじゃないかと。
ケータイのメールアドレス、会社やお店の地図、クーポン(画像)あたりでしたら、簡単に出来ちゃいますが、顔写真やプロフィール=要は名刺の続きをケータイで見てもらいたい場合は、マイスピリットさんのようなASPを利用してもいいでしょうね。

情報のQR変換は簡単です。このようなQR変換ページがたくさんありますので、トライしてみましょう。
もう一度、上を見ていただけますか?QRって、あんな装飾的なことも出来るんですね。デザイン的にも楽しめるということです。

ということで、いろいろアイデアがわいて来ちゃった方もいると思いますが、名刺にQRコードを印刷するときの注意!
必ず、そのコードが何なのか明示して、ちゃんと案内してあげましょう。
そうでないと、何かない限り、わたくしのようになかなか見てくれるに至りませんよ。(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。