文具朝活の名刺をアンビグラムで作ってみることにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アンビグラムとの出会い

毎週金曜日に文具朝活会という、文具好きが集う朝活を主催しているのですが、独立したのでその名刺も変えなければいけません。

まぁ、以前使っていたものの住所などだけ変えて作ってもいいのですが、せっかくなので、ちょっとおもしろい名刺にしたいなと思いつつ、ネタが思いつかずに数か月、、、

ボーっと見ていたテレビ(NHKだったかな)に、おもしろい文字が映りました。

上から読んでいたのをひっくり返すと、違う言葉に読める!

アンビグラムというのだそうです。

アルファベットでそういったものは見たことがあったのですが、日本語でもそんなことができるのか?!と、びっくりしました。

(これはイルミナティという言葉のアンビグラムですね。)

富山の、野村さんというアーティストが、アンビグラムを披露していたのですが、急いでパソコンの前に座り、「アンビグラム 富山 野村」という感じで検索しました。

野村一晟さんを発見

野村さん、すぐに見つかりました。

見ると、ご依頼受けつけますと書いてある。値段も、そんなに高くない。いや、むしろこの技術をこの値段でいいんでしょうか?という感じです。

>野村さんの作品まとめ

即行で申し込みしました。

「たかぎよしのり⇔ぶんぐあさかつ」

で製作可能とのことでしたので、お願いしました。200件近く待っている方があるようで、数週間待ってくださいということでした。

ワクワクしながら待ちましょう。

作品キターーー( ´∀`)

3週間後、作品がついに届きました!

こちらです~。

ぶんぐあさかつ

ですね。さて、180度回転!!!

たかぎよしのり

ですよね!( ´∀`)

どの字も驚きの逆転具合ですが、特にすごいなと思ったのが、「か」です。この字って、どちらから読んでも「か」なんですよ。おもしろすぎる。

さて、おもしろがって終わりではいけません。これを使って名刺を作っていくのが本題です。

渡した方が、最大限「へぇ~」となるようなレイアウトにしなければいけませんよね。

できたら、またアップいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。