2013.12.04 Wednesday

筆彦スタンプの年賀状用新柄が出揃いました。縁起物スタンプで名刺を元気に!

わたくしの名刺作りの原点(会社の名刺にちょい足し!)ともいえる、筆彦スタンプが、大阪梅田のロフトさんの年賀状グッズコーナーで展開していただけることになった記念に、柄を大幅に増やしました。最初は名刺にちょいと捺すために趣味で作ったスタンプたちが、いろんな場面で活躍するようになって、嬉しい限りです。
年賀状のアクセントにはもちろん、年末年始のあいさつ回りで配る名刺などに捺すといい感じですよー。

ということで、縁起物の柄だけ集めて記念写真撮ってみました。(・∀・)

古いものと新しいものが混じっております。「ありがとう」や「初めまして」などは年間で売れています。あと、「お大事に」というのが、なぜか関西の整体の先生方にすごくご好評いただいております。どなたかがお勧めくださっているのでしょうか。ありがたいことです。m(_ _)m


この中では「感謝」がトップランナーですねー。「一期一会」もよく出る柄です。絵文字をわざわざ筆で書いて、スタンプにしてみたのですがいかがでしょう。ダメっすか。( ´ ▽ ` )ノ


角字というやつですね。今ではお祭りの半纏の図案などでしか見ないようになりましたが、非常に優れた江戸のデザインだと思います。何の字か読めますか?ちなみに左上のものは「」です。(・∀・)


いい感じの和柄もたくさん足しました。わたくしの一番のお気に入りは、やはり「うさぎ」ですね。以前、ラジオに出演した時に、MCのしょこたん(中川翔子さん)にプレゼントしたら、「うさもも〜!」って叫んで喜んでくれました。


ここは全部新柄ですねー。なんだかよくわかんないものもありますよね。右下の脳みそみたいのは雲なんです。縁起と関係ないって?(笑)
しかしながら、どれも家紋などで用いられている日本の誇るデザインたち。華やかなお正月に彩りを添える装飾にいかがでしょう?ぜひ名刺も朱色のスタンプで元気にしてあげてください!

>>筆彦の年賀状スタンプは、ネットショップもしくは大阪梅田ロフトさんで!

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ


2013.03.06 Wednesday

真っ白な名刺の裏には何を書く?(ニッポン放送煙山アナウンサーの場合)

昨日、ニッポン放送の夕方の番組にちょっと出演させていただいたのですが、煙山アナウンサーがめっちゃいいことおっしゃったので、早速シェアさせていただきます。



>>煙山(けむやま)光紀アナウンサー

それは、
「名刺の裏が真っ白という人もまだまだ多いと思いますが、何を書いたら効果的ですか?」
みたいな質問の時。


キャッチフレーズなど入れてみてはどうでしょう?仕事に対するこだわりなどを載せることで、自分のプロフェッショナル度が伝わると思いますよ。また、先ほど新保アナウンサーがフルートがご趣味だというお話でしたが、裏全面にその演奏シーンの写真を載っけるとか。表がオンだとしたら裏は思いっきりオフにして、こんな一面もあるんですよーというのを知っていただけますね。

という感じでお答えしたのですが、煙山さんのコメントがこれまたふるっているわけです。やはりアナウンサーみたいなお仕事されてる方は、「持って」ますね。

「あ、あの例えばですけど、よく名刺の裏に、もらった人の顔の特徴なんかを書き込めなんて言いますよね。私は白髪にメガネという出で立ちなんですけども、それを最初から名刺の裏とか余白に書いちゃうってどうですか?『白髪にメガネ』って。

す、すごいですね。
煙山さんに名刺もらった人が、裏向けて書こうとしたら、もうすでに書いてある!
「してやられた〜!」って感じですよね。ユーモアいっぱいの人柄がばっちり伝わります。


これ、台本には書いてないですよ。
いやいや、名刺アドバイザー、まいりました。m(_ _)m


JUGEMテーマ:名刺のノウハウ
 




楽しい名刺がウェブ上で自由にデザインできて、すぐにお届け!名刺作成サイト

名刺の達人の幻のレポート無料配布中



            
サイト内検索
好きな人、いい仕事だけを引き寄せる!営業いらずのソーシャルメディア人脈術
名刺の先には何がある?
SNS人脈の本です。


拙著:1秒で10倍稼ぐありえない名刺の作り方
在庫完売中につきamazonで
中古のみ購入可能です。


カテゴリー
最新の記事
                         
            
関連サイトリンク
その他
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM