名刺を切らしているお客様に遭遇したら・・・

塾長のタカギです。おはようございます。

▼意外に切らしている名刺。

お客様のところに伺ったとき、先方が名刺を切らしていることが、なぜかよくあります。
名刺の発注って、ついつい忘れてしまうんですよね。

というか、面倒だったりしてよく後回しにされます。
営業マンだったらあり得ませんけど、スタッフ部門(総務など)の方々は、そのへん意識は薄いのでしょう。

そんなときは、商談のノートにお名前など、書いておくんでしょうけど、名刺の情報を全部聞いて書く人は、いないと思います。
さすがに、初対面で根掘り葉掘り聞けないですもんね。

だから、あとで見返すと、

「あ、メルアド聞き忘れた!」とか、
「名前の漢字、合ってるかな。」とかいうことになります。

つまり、実際には使えないデータでしかないってことです。
思い当たること、あるでしょ?

そんなときは、、、先方に書いてもらうように仕掛ければいい。

白紙(ガイドライン付き)の名刺カードを何枚か持ち歩きます。
「名刺切らしてまして、、、」
という声を聞いたら、ニヤリ。

「では、こちらにお書きいただけないでしょうか。」
サッと一枚出す。

先方にとっては面倒なことですが、面食らうのと、引け目があるので、なかなか断られないはずです。

もし先方が面倒な表情をしたら、
「あ、メールアドレスとお名前だけで結構ですよ。」
とか、そこは臨機応変に。

▼実は、これはわたくし、まだ試していません。

先日うかがったお客様が、名刺を切らしていた時に思いついたのですが、今日から常備して、お客様が「名刺切らしてまして、、」
という瞬間を、待ちたいと思います。

待ってると、なかなか切らしてくれないんだよなー。(笑)

ちなみに、つばめやの名刺販売サイトで、販売予定です。
お楽しみに。

ヤフーよりも、グーグルよりも速い検索エンジン?

▼お客様に、自分専用の名刺ホルダーをあげてしまう。

前回は、そこまで。
その、続きが、一番商売になる、ミソです。

そのホルダーには、自分の「今月の名刺」がズラリ。

でも、それだけではさすがに余りますよね。

そこで・・・・

自分の商材、サービス内容を、名刺サイズのカードにする。

ピンと来ました?
そうです。パンフレットや、資料をたくさん持っていっても、書類の山に埋もれてしまって、なかなか見てもらえないですよね。

それを、「商材カード」としてコンパクトにまとめて、あなた専用の名刺入れに、入れておいてもらう。

「困ったときは、コレ見てね。」と

ポイントは、1商材1カード。

カード1枚じゃ、そういくつも情報は入らないと思いますから、基本は1商材1カード。
一番見やすくて、わかりやすいです。

▼お客さんの机の上や引き出しに、あなただけの検索エンジン。

ヤフーやグーグルより、アクセスしやすいです。

お客様は、あなたの名刺ホルダー開いて、電話するだけ。
あなたしか出てこない、高速検索エンジンの出来上がりです!