名刺のレイアウトを見直すだけで、これくらいスッキリしますという例。

最近、古いお知り合い、研修講師で心理カウンセラーの鈴木さんの名刺をお手伝いしたのですが、「レイアウトをきれいにしてほしい」という珍しいご依頼でしたので、ちょっとご紹介します。

 

ビフォーはこちら。アスクルの名刺印刷サービスでご自分でデザインされたそうです。

 

 

 

字ばかり並んでいる印象を受けますね。

 

文字の大きさが似た感じですので、一本調子な感じになっちゃうんです。

 

ということで、サイトなどを拝見してテーマカラーを決め、キャッチやタイトルを帯の中に配置して、見やすくなるようにしました。

 

それが以下です。

 

 

 

鈴木さん、今年出版をされましたので、顔写真よりはそちらを優先してアピール。

 

著者というブランドはやはり絶大ですのでね。

 

あとは、業務内容をすっきり整理して並べただけです。これだけでかなり見やすくなったのではないでしょうか。

 

 

フェイスブックを検索窓にするのも、もらった人がアクセスしやすく、というところですね。

今どきの気遣い的な。(・∀・)

 

名刺を作ったんだけど、いまいちモゴモゴしているなという方は、このような点を見直すだけで、かなりスッキリするはずですよ。

 

感情は「5秒」で整えられる 一流ビジネスマンが実践 仕事はメンタルで決まる!

鈴木 雅幸 プレジデント社 2016-05-28
売り上げランキング : 114197

by ヨメレバ

 

 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

名刺活用の取材記事第二弾がアップされました。今回は印象的な名刺作りのヒント!

前回、今すぐ実践できる、会社名刺にちょい足し&ちょい引きアイデア4つという取材記事をアップしていただいたsixapartブログで、続きが公開されました。

 

今回は、、、

 

 

>>名刺の達人に聞く、二枚目の名刺デザイン5つのヒント

 

5つのヒントは、今までにわたくしがいただいた、もしくはお作りした中で印象的な6つの例にそって紹介されています。

 

・本業は大企業の偉いさんなんだけど、毎日ブログを書いている方

 

・日本酒が好きすぎて、大企業を辞めて日本酒の居酒屋を回転してしまった方

 

・会社の商品を名刺に組み込んでしまった方

 

・昭和ノスタルジーの専門家で、しかも外観がカセットテープな方

 

・税理士さんという固いお仕事なんだけど、やさしい人柄がどうしてもにじみ出てしまう方

 

・名刺はシンプルなんだけど、台紙にご自身の好きなものをたくさん掲載している方

 

いかがですか?

ちょっとそそられますでしょ?

 

ご興味が湧いてしまった方は、ぜひご覧くださいませ。

 

>>名刺の達人に聞く、二枚目の名刺デザイン5つのヒント

 

 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ