トランプ名刺

明けました!おめでとうございます。
本年も名刺ネタにお付き合い下さいませ。

これ見たとき、ハッとしました。

トランプのカードって、世の中で最も洗練されたカードのひとつだと思うのですが、そのデザインをそのまま名刺に持ってこれたら、しかも手軽にできたらいいよね、と。

で、カードの共通柄の裏面に自分の情報をシールで貼ってしまえば、OKであります。なるほど・・・
今どきトランプカードなんて、100円ショップでも売ってますからね。シール代を除けば、1枚2円ほどで出来てしまいます。

ただし、普通のトランプでは「名刺フォルダー」に入りませんので、少し小さなものを探したほうが良いと思われます。
名刺フォルダーに入らない名刺は、相撲で土俵に上がれないのと同じですから。(例えが下手でスミマセン)

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ストーリーのある名刺

スイスのグラフィックデザイナー Michael Hane氏による、歯科医師 Anita Wehrle-Lechmann氏の名刺。

シンプルながら、「なるほど!」というストーリーが組み込まれています。


筒状のカバーに入っているようです。虫歯のようですね。


スルスルと引き出していくと・・・


あ、虫歯の部分は電話の受話器だったんですね。

そう、「虫歯になったら電話してね。」

というメッセージです。ブラボー。

こんな名刺もらったら、迷わず通います。
痛くなさそうだし。(笑)

何か他のものに見えていたのが、実は違うものだった。そしてそれこそが最終目的!という手法、他にも使えそうですね。