名刺作りのプロたちに決定的に欠けている部分とは?

以前、「行かねば!」と書いたこのセミナー、ちゃんと行ったんです。でもってガシガシと吸収して帰ってきました。
思った通り、これは名刺作りをお手伝いした自分のお客様にもどんどん伝えていかねばならない重要事項でした。

でもって、そのある意味伝説の講義いや、奥義が、DVDになって発売です。
内容を完全に知っているので100%自信を持って言いますが、今まで名刺交換からビジネスにつながった記憶のない人は、絶対に勉強しておいたほうがよろしいと思います。


>>思わず推薦文を書いてしまった販売ページ

中山マコト先生ご自身も、当然わたくしもそうなんですが、パーティーなどで自分からガツガツ「お名刺交換していただけますか?」と攻めるタイプではありません。

どちらかと言うとボソボソしゃべるし、普通に立ち回っていたら、相手の印象には決して残らない、そんなタイプです。

しかし、ちょっとしたコツというか盲点をチョンと突くことで、一気にその形勢を逆転できてしまう!そういったノウハウが、てんこもりになっています。

ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
損はさせませんよ。

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

 

たった5秒のあいさつを工夫すると、名刺交換の効果はこんなに違ってくる!

最近、思っていることがありましてね。

わたくしみたいに、名刺の作り方をセミナーでお話したり、作成を実際にお引き受けする人は結構たくさんいるんですけども、果たして作った先のことまでちゃんとケア出来ているだろうか?と。

つまり、なぜ名刺に工夫をするかというと、最終的な目的はやはりビジネスを発展させたり、商売繁盛なわけじゃないですか。

でも、「名刺作り」と言ってしまうと、作って終わり的な雰囲気がプンプンしている。

これではいけません。
せっかくいい名刺を作ったんですから、より良い名刺を目指してのブラッシュアップはもちろんですが、

効果的な渡し方

も、ご指南しなければ、中途半端じゃないかと。
まぁ、普段から「名刺に代わりにしゃべってもらうんですよ。」とは申し上げておりますが、やはり「言霊」というものは強烈なパワーを持っているものでして、特に大きな声でなくても、人の発した波動は、紙よりも伝わりやすい性質を持っているわけです。

ということで、このあたりの「立ち回り」「効果的な挨拶」などについて、ちょっと勉強したいなと思っていたところに、すごいタイミングでこの本が出ました。

内向的な営業マンなりの営業方法、「サイレント・セールス」のトレーナーであり誰もが認める第一人者、渡瀬謙さんの新刊です。

たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法 (DO BOOKS)
たった5秒のあいさつでお客様をザクザク集める法 (DO BOOKS)

タイトルに5秒とある通り、たった5秒のあいさつでも、実はこれだけアピールできる、いや、今まで何て無駄なことをダラダラ話していたんだろうという、気付きに満ちた一冊です。

考え方の基本は、わたくしも基本としている「ニッチマインド」です。何もそこにいる全員に興味を持ってもらう必要はない。もっと言えば、目の前にいる人には、全然買ってもらわなくてもいい!ただ、口コミを起こしやすくするための工夫を、5秒の中にバシっと決めるわけです。

最終章である6章は、もうそのあたりの小気味良いフレーズのオンパレード!
電車の中で、「うんうん」と何度うなづいてしまったことか。

非常にいい本です。
逆に、これで勉強してばっちりの5秒あいさつを作り上げたら、それを速攻で名刺のキャッチコピーに利用することは、言うまでもありません。

これであなたの名刺交換や自己紹介タイムは、全然変わってくるはずですv。

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ