海外のハイセンス名刺データベースがこれだ!


>>Business Card Design Inspiration「Card Observer」

サムネイル群右下の「Older Cards」をクリックすれば、過去の作品がどんどん見られます。

しかし海外の名刺というのは、非常にカラフルで、視覚が刺激されますね。日本でこれくらいのレベルのものを作ったら、間違いなくお客様の名刺フォルダーの中でピカイチに目立つことでしょう。もちろんそれだけではいけませんけどね。

さて、そんなデザインの猛者の中で、わたくしが今回気になったのがこちらの名刺です。


>>「REACTOR」というデザイナーのチームのようですね。

切抜きがあるので、すぐには出来ないしコストもかかりますが、わたくしが注目したのは、この置き方です。
この置き方は、初めて見ました。

名刺を立体にすることで、何らかの効果を付加することは出来ますが、(例えば以前ご紹介した徳井さんの名刺など)こういう置き方ですと、なんだかかわいい雰囲気がありますね。
ということで、机のへりだとすぐに落ちてしまうので、パソコンのモニターの上なんかに、チョコンと置いてもらえるようなデザインを考えたらどうかなと。

いろいろなインスピレーションを与えてくれる名刺です。

ついに発見!海外の免許証名刺。

やはりありましたか。免許証名刺。

拙著の中でもかなり凝った免許証名刺を販売されている方をご紹介していますが、海外でも発見しました。これはアメリカ、ニューヨーク州の免許証のパロディのようです。


これがまたかなりよく出来てます。


パールみたいな光沢の印刷、かなりお金かかっているんじゃないかな。(うまいこと、そう見せてるだけかも知れませんが。)

あちらは、人間のアイデンティティとして、目の色があるんですね。ちなみにこのケリーさんはブルーのようです。最近はカラーのコンタクトレンズもありますから、これって意味がなくなっているのではと勝手に心配しています。

(写真:flickrより)