名刺なんて意味は無い、胸に飛び込んでこいという横綱千代の富士の言葉に感動。

 

こんな記事を読みました。千代の富士があまりにかっこいいのでシェアさせていただきます。

 

 約30年前のことだ。取材の内容は覚えていない。強烈に覚えているのは、最初にあいさつしたシーン。自己紹介のように社名と名前と「よろしくお願いします」の言葉を告げ、おもむろに名刺を差し出す私。それに対し横綱は、薄笑いを浮かべ困ったような表情で一応は受け取った後、さまざまなポーズをとった。

 

 服を着ていればポケットがある左胸のあたりに名刺を入れるしぐさをして「あっ、裸だからポケットはないんだよな~」。今度はズボンを履いていれば ポケットがある左右の腰の位置に名刺を持っていき「ここにもポケットはないんだよな…。ここに、はさむわけにはいかないしなぁ」。何重にも巻いた白い稽古まわしの間に名刺を挟むしぐさをしながら、子供のように無邪気に口をとがらせ、でも薄ら笑いを浮かべながら、突き刺すような視線を送ってきた。

 

 「おい、若い衆。しまっておけ」。横綱がその名刺を付け人に手渡し、その場は収まった。そして言われたのが「何回も来なきゃ駄目だぞ」の言葉。親の七光も、それまでの実績も、何も通用しない裸一貫で勝負する世界だ。一般社会では覚えてもらえる会社の名前など、この世界では何の意味も持たない。前述の横綱の言葉は、かみ砕けば「何回も来て顔を覚えてもらいなさい。腹を割って話をしてもらえるかは、それからなんだよ」という意味なのだと、後で思い知った。

 

>>若き日の千代の富士から教わった「角界の隠語」

 

初対面の人間に対して、かわいらしいボケをかまして場を和ませながら、ビシっと「会社や肩書きで付き合うんじゃないぞ。裸の人間対人間で付き合うんだから、どんどん飛び込んでこい!」という内容のひと言。

 

名刺についてゴチャゴチャ言っている自分が恥ずかしくなるような言葉ですね。

自分をいかによく見せようと名刺にいろいろ書いても、たくさんの人間を見てきた横綱にはすべてお見通しみたいな。

 

名刺になるたけ仕事をさせようということで名刺活用を謳っているわたくしですが、この記事を読んで、たまには人付き合いの本質に立ち返ってみたいと思ったのでした。

 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

手帳の達人の名刺術とは?

手帳評論家として各方面で大活躍の舘神龍彦さん。

名刺交換の機会も多い舘神さんですが、名刺にある「ネタ」を仕込んでいるということで、見せていただきました。

お分かりになりますか?
一見、普通の名刺に見えますが、右下に何か記号のようなものが。

実は、名刺交換した相手が、舘神さんに会った日と、場所をメモしておけるように作った「空欄」なんですね。

社会人になると、「名刺交換をしたら、相手の特徴とか話した内容とか裏にメモっとけ!」なんて先輩に教えられる人も多いと思いますが、そのサポートを自らしてしまうという仕掛けです。

つまり、「ちょっと気が利く人だなぁ。」と好印象を持ってもらえるようにという、演出なのです。

実際に、この欄に気付いた人と、話が盛り上がることも多いそうですよ。

そういえばわたくしも、以前こんな記事を書きました。
>>ガチャポン
これも考え方は同じことで、相手が便利なようにということと、その場でガチャポンすることによって少しでも話題の提供になればいいなということですね。

さて、そんな舘神さんですが、文具関係のネットラジオに出演されていますのでそのお知らせを。

関西の文具クリエイター三人が、おもろい人のおもろい理由をほじくるという「ホジラジ」です。
手帳の専門家はどんなほじられ方をしているのか?ご興味ある方はぜひ聴いてみてくださいね。

>>K3のホジラジ#22 舘神龍彦さん(1)

これが第一回ですので、あと二回くらい続くと思います。(・∀・)
 

意外と誰も教えてくれなかった手帳の基本

舘神 龍彦 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-10-29
売り上げランキング : 115009

by ヨメレバ
手帳カスタマイズ術 最強の「マイ手帳」を作る58のヒント

舘神 龍彦 ダイヤモンド社 2011-12-02
売り上げランキング : 226942

by ヨメレバ