手軽に社外宣伝部長名刺?を作るには・・・

▼社外宣伝部長の名刺、一丁やってみますか!

とやる気になったあなたに、名刺の作り方です。

名刺は文具店などのお店で作る方がほとんどと思いますが、今回の場合、お客様にあげるわけですから、100枚!も要らないし、それだと金額的にもキツーイですよね。

で、自分で作ろう大作戦。

ラベルメーカーのエーワンさんのサイトから、作成ソフトをダウンロード
もちろん無料です。
ヴァージョンアップを重ねて、今アップされているものは、非常に良く出来ています。

名刺以外にも、あらゆる印刷物に対して、デザインできます。
これをワードなどでやろうとしたら、相当の技術が必要です。
多分、わたくしも出来ないです。(←案外ワード苦手)

さて、サイトを見ました?
「ラベル屋さんHOME」というソフト、ありますね。

▼インストールしてください。

大丈夫ですよね?(笑)わたくし、パソコンの使い方のサポートは、出来ませんので、ご了承くださいまし。

というわけで、簡単ですから、お店で気軽に作ってみましょう。
名刺用紙だけ購入すればオーケーですから、すぐできますね。
これだと、その場で名前だけ打ち込んで渡すことも出来ます。

1シート10枚分くらいの用紙が多いようです。
それで作ってみて、ひとりあたり、10枚~20枚ほど、差し上げればよいと思いますよ。

効果的なショップカードの作り方、続き。

▼お客様に配っていただいた名刺を、捨てられなくする法

お客様に、お店のカードを配ってもらう方法を、書きましたが、もらうほうからすれば、その時点では重要度は低いわけです。

お友達に、いきなり名刺渡されて、その場では盛り上がっても、ふとひとりになったときに、ポイされてしまうのでは、意味ナシですよね。

実際にお店に来てもらう、商品を買ってもらうには、さらなる興味を持っていただくことになります。

だったら、ニンジンぶら下げるっきゃない。

店頭まで、もしくはホームページまで、来ていただく仕掛けを、作ってみましょうか。
今回は、ベタに特典を付けます。

くじでもいいし、プレゼントでもいいでしょう。
お金を大々的にかける必要はありませんが、一生懸命考えましょう。

名刺に抽選ナンバーをふる(発表は店頭や、ウェブで。)とか、工夫はいろいろ出来ますね。

そうそう、裏に割引チケットを印刷しておくのも、いいですね。

また、「このカードを持ってご来店のお客様にも、こうした名刺をプレゼントさせていただきます。」と書いておくのも手でしょう。

うまく行くと、数珠繋ぎでお客様が増えていくのでは?

あなたの、ご商売に合ったこなし方で、ぜしやってみて下さいね。