名刺アドバイザー高木芳紀への各種ご依頼について

■各メディア取材・出演・原稿執筆

いつでもお待ちしております。大好きです。(笑)
よほど無理なもの以外は、お受けできると思います。

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-9 宮益SKビル4階
株式会社つばめや 高木芳紀
電話:03-5464-7400 ファックス:03-5464-7401

お問い合わせ・各種ご依頼はコチラのフォームよりどうぞ

■講演・セミナー・名刺作成ワークショップ

全国各地で行なっております。詳細はお問い合わせ下さい。(以下、お題の例)

「あなたの名刺を自動販売機にしよう!はたらく名刺の作り方と使い方」
「企業イメージを向上させる名刺作りのコツ」
「あなたの中にある!自分キャッチコピーの探し方と有効利用」
「セカンド名刺(プロフィール名刺)の事例と応用」
「住宅、車・・・高額商品を売りたければ名刺はこう作れ!」
「アナログ名刺とウェブ名刺の超活用でライバルたちから一歩抜け出せ!」

など、依頼者様のご要望に応じてテーマを設定できますので、ご相談下さい。

※最近は、「小さな会社のソーシャルメディア活用」や、そこから始まる「パーソナルブランディング手法」など、紙の名刺にとどまらず「ウェブ名刺術」の分野のご依頼も多くいただいております。(というかこちらのほうが多くなっています。) 

・講演・セミナー・名刺作成ワークショップは120分まで50,000円(出張旅費別途)

を目安にお考えくださいませ。

※無料イベントなど、主催者さんの事情によっては講演料をいただかないこともあります。ぜひ腹を割ってw、お気軽にご相談下さい。
※場所やご相談内容、業種によって、お申し込み、あるいはご入金後においても講演をお断りすることもあります。その際、当方に説明義務は負いません。(もちろん入金いただいた費用はご返金させて頂きます。)

お問い合わせ・各種ご依頼はコチラのフォームよりどうぞ

■企業様とのコラボレーション

名刺関連企業様、名刺とはまったく関係ない企業様、様々な企業様とのコラボ企画、大いに興味あります。お気軽にお声かけ下さいませ。

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-9 宮益SKビル4階
株式会社つばめや 高木芳紀
電話:03-5464-7400 ファックス:03-5464-7401

お問い合わせ・各種ご依頼はコチラのフォームよりどうぞ

名刺作成(お待ちいただいている方が多いため受注お休み中)

基本的には、面談・インタビューをさせていただいて、その方の人となり、雰囲気も把握した上で名刺に落とし込んでいきます。ですので、人によってどんな形状の名刺をご提案するかは、違ってきます。

お蔭様で常時お待ちいただいている方がいらっしゃる状態です。急ぎのご依頼にはお応えできませんのでご了承下さいませ。

・コンサルティング&デザイン料金=100,000円~ (初回は名刺200枚付き)
・リピート印刷料金=ものによって変わりますが、200枚で5,000円~12,000円くらい

にて承っております。

面数の多い名刺(観音開き8面など)の場合、デザイン料金も変動いたしますのでご理解願います。また、会社様などで、同じデザインで名前などのコンテンツだけ変えて複数作成の場合は、逆に割引させていただきます。

お問い合わせ・各種ご依頼はコチラのフォームよりどうぞ
 

なぜこのブログを書いているのか?

どうも最近、インターネット上では自由奔放に(いやむしろネット上だけでは横暴な人さえたまにお見受けするほど)振舞うことが出来ても、対面のコミュニケーションでは何を話していいのかよくわからないという若者が増えているようです。
いや、若者だけではないかも。
いい年をした大人でさえ、コミュニケーション能力不足でビジネスがうまく行かない、営業成績が伸びない、自分は商売に向いていないんじゃないか?と悩んでいる人は多いと思います。

実は、わたしもそのひとりだったんです。
というか、今も正直、人見知りですし。

しかしあるとき、自分でこの性格を克服するのが難しいのなら、何か道具を使えばいいのでは?と思い立ち、初対面で交わす名刺に工夫をすることを考え始めました。
それで、何をしたか?

要は、いろんな突っ込みどころを名刺に仕込んでおくんですね。
すると、こちらが例え初対面で何をお話していいかわからずシドロモドロでも、名刺を見て先方から声を掛けてくれるようになってきたのです!

これはおもしろい!ということで、このことを、同じ悩みで困っているたくさんの方に知ってもらいたいという思いで、このブログを書き続けている次第です。

その後、作ったものをすぐに名刺の形で確認したいという思いから、社長に頼んでプロ仕様のレーザープリンターと裁断機を導入してもらい、ついには自社内である程度の名刺は作れるようになってしまいました。
今ではこのシステムに加えて、イラストレーターデータがベースのものや特殊加工のものは、印刷業者さんに外注したり、状況に応じていろいろやるようになっています。

名刺作成を依頼されると断れないんですけど、本業も多忙でどうしても限界にきています。ですのでいったん名刺の受注はストップすることにいたしました。大変申し訳ありません。
そう考えると、今後の活動としては、多くの方に、一度にこうしたノウハウをご提供できるという面で、セミナーやワークショップが増えていくと思います。

(2008/10:追記)
名刺活用の可能性を多くの方に知っていただく手段として、日本名刺協会を設立しました。名刺印刷や販促ツール作成に関わっていらっしゃる方々にこうしたノウハウをお伝えし、名刺の効果を広く世間にアピールしていただくことを目的としています。今後の活動にご期待ください。
 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ