パキパキ、ポキポキ、ペリペリ・・・・・

▼ビジネスの現場ではあまり聞かない音です。

先日、日本初のビジネスマン情報空間【情報オアシス神田】というサロンの、懇談会がありまして、まあ最初はやはり知らないもの同士は、名刺交換ってことに、なるわけです。

すると、「パキパキ。ポキポキ。」という音が近づいてきて、、、
「ん?なんだろ。」
で、次の瞬間。

「どうもー!今月の名刺です!!!」

顔を上げると、笑顔全開の福島さんと金子さんが、なにやら差し出していますので、いただきました。

やられた! 

このお二人、ともに営業系のコンサルタントさんなんですが、毎月名刺が変わるんです。

以前ご紹介しました、名刺プリントソフトを駆使して、市販の名刺台紙(エーワンなどの、A4の大きさに8枚とか、10枚とか、印刷できる物)に、ヨコに見開き(つまり普通の名刺2枚分)で名刺をプリントして、それを「切り取らず」に持ってきて、わざわざお客さんの前でポキポキ、パキパキと折って(切り取りのミシン目が付いている)、出すんです。
(↑今では、横に見開きのスタンプチケット型の用紙が販売されていますので、もっとかっこよく作れます。)

毎月名刺を変えているとは聞いていましたが、かなりのインパクトでした。
アピール度は、かなり高いと思います。

やられました。さすがですねえ。

▼その名刺の内容は、、、

その時々で、気になるキーワードだったり、ためになる小さなコラムだったりするのですが、さらに仕掛けがあって、

「何枚集めると~をプレゼント!」

なんて感じで、見れば見るほど笑ってしまうのですが、実はこれこそ営業の真髄だったりして、ムフフ状態です。

仕事の打ち合わせではさすがに無理という場合は、プライベートの名刺を作ってやってみてもおもしろいですね。

懇親会などで人気者になるのは、間違いなしです。

キャッチ名刺の仕掛けはこう作れ!

もっともわかりやすくて、効果的で、楽しいのは、やはり抽選系。
番号を振ったり、秘密のネットアドレスを掲載して、もう一歩アクションしていただくものです。

このあたりは、マーケティングライターの堀内伸浩さん(通称ホリさん)の、『名刺が一人歩きする「パワー名刺」の創り方』に、詳しく書かれています。(このEブックは現在販売されていないみたいです。詳しくはご本人にお問い合わせ願います。)
大変参考になりますよ。 
わたくしも、いまだに何度も読んでうなづいています。

▼そのほか、こんなのはいかが?

裏面に、「捨てられなくなるような」情報を印刷する。

よく、手帳の後ろの方に、鉄道路線図とか、単位変換表とか、載っていますけど、正直、現代ではあまり役に立ってませんよね。
季節の挨拶なんて、載っているのも忘れて、使ったことないです。

そこで、いっちょいきますか。「キャッチ名刺はこう作れ!」

こんなものを、載せてみましょう。

・風水の、吉凶方位盤。(勉強が必要ですが、尊敬されます。)
・代表的な食べ物の、カロリー表。(特に女性にバカウケ。)
・星座や、血液型の、相性表。(男女問わず、爆ウケ!)

などなど、話のネタになるものなら、たいていはオーケーです。
ちょっと考えると、いろいろ出てくるでしょう?
簡単には、捨てられませんので、ずっと、配った人の財布や手帳の中に、居座り続けます。そうすると、どうなるかは、、、

もう、おわかりですね。

ちなみに、このあたりはこれからつばめやで立ち上げる、おもしろ名刺サイトで、バシバシ販売していく予定です。(←「おもしろ名刺サイト」って、、、)
お楽しみに!