効果的なショップカードの作り方、続き。

▼お客様に配っていただいた名刺を、捨てられなくする法

お客様に、お店のカードを配ってもらう方法を、書きましたが、もらうほうからすれば、その時点では重要度は低いわけです。

お友達に、いきなり名刺渡されて、その場では盛り上がっても、ふとひとりになったときに、ポイされてしまうのでは、意味ナシですよね。

実際にお店に来てもらう、商品を買ってもらうには、さらなる興味を持っていただくことになります。

だったら、ニンジンぶら下げるっきゃない。

店頭まで、もしくはホームページまで、来ていただく仕掛けを、作ってみましょうか。
今回は、ベタに特典を付けます。

くじでもいいし、プレゼントでもいいでしょう。
お金を大々的にかける必要はありませんが、一生懸命考えましょう。

名刺に抽選ナンバーをふる(発表は店頭や、ウェブで。)とか、工夫はいろいろ出来ますね。

そうそう、裏に割引チケットを印刷しておくのも、いいですね。

また、「このカードを持ってご来店のお客様にも、こうした名刺をプレゼントさせていただきます。」と書いておくのも手でしょう。

うまく行くと、数珠繋ぎでお客様が増えていくのでは?

あなたの、ご商売に合ったこなし方で、ぜしやってみて下さいね。

普通のショップカードでいいの?

▼ショップカードの役割は、何でしょうか?

普通に考えれば、「お店をアピールするプチツール。」
ですよね。

レジの横にでも置いておいて、お客様に持ち帰っていただく。
そんな使い方が、ほぼ100%だと思います。

お客様がよっぽどお店のことを気に入っていただけたら、
しかも忘れなければ、どなたかにカードを見せて、「宣伝」していただけるとは思います。

でもそこで、ちょっとひと工夫。

いまネット上で流行っているアフィリエイトのように、カードを一気に飛び道具化する方法があります。

▼お客様をお店の宣伝部長に任命するんです。

え、言ってることが、わかんない?

すみません。ハナシが飛んでますね。
あなたのお店の、架空のポストに、お客様を任命するのです。
で、ショップカードというよりは、名刺を作ってプレゼント。
PCの名刺ソフト+プリンタで、すぐ作れます。
10枚くらい渡せば、いいと思います。

例えば、、、

「レストラン○○
 社外宣伝部長
 高木芳紀」

って感じです。
許されるなら、社員と同じ正式な名刺で、肩書きだけ上のようになっていると、受けます。

ちょっとお得意さんになりかけのお客様あたりに、
「よろしかったら、今こういうものお作りしてるんですけど。」
って、声かけてみませんか?きっと面白がって下さいます。

インパクトありますから、喜んで配ってくれると思いますよ。

もちろん信用・責任問題もあるでしょうから、無理はいけません。
悪用する人もいるかも知れませんので、肩書きを普通ありえないものにしておくなど、工夫をしてやってみましょう。