就職難時代のアピールの仕方・・・名刺⇒ブログってどうよ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

就職難のこのご時世、企業もハズすことなく有能な学生を採りたいと思うのは当然で、その採用の判断要素のひとつとして、学生の書いているブログを挙げているそうです。

なるほど。ブログは文章だからまず「書けるかどうか?」がわかるし、「表現力」「考える力」、またアクセスアップのための「ネットマーケティング力」など、いろんなことがわかりますからね。

あと、「コツコツ力」もありますね。毎日コツコツ書いている人って、評価高くなると思います。地味ですが、人間として社会人としてビジネスマンとして、ある意味一番必要な能力かも知れません。
成功法則の本など読んでも、結局これですから。成功を強く信じて、ひたすら取り組むってことですよね。

話戻りますが、その自分のブログを企業の人事担当者に知ってもらうにはやはり名刺ですよねー。
「○○についてのブログを毎日書いておりますので、もしよろしければご覧下さい!」
って感じで。ま、会った印象が良ければ、の話になってしまいますけどね。

ブログを見てもらうためのトリガーとして、就職活動用の名刺、作ってみてはいかがですか?

採用ツールとしてのブログ(以下ネタりかより引用)

 そんななか、若者に馴染みのブログや会員制サイト(SNS)を活用しての採用活動が、急速に広まっている。

 都内のIT関連会社社員、斎藤のり子さん(26)は04年、ランキング2位を獲得する人気ブログを運営していたことから、ネット大手「ライブドア」(当時)から直接オファーを受けた。

 「ブログを≪ライブドアに就職したいなあー≫と直球のタイトルに変更したら人事部から連絡があり、すぐに就職が決定。似たようなケースで採用に至った同僚もいました」(斎藤さん)

 インターネット検索サービス「人力検索はてな」運営の「はてな」(京都)ではブログを履歴書として活用している。同社の輿水宏哲取締役(31)は「技術者採用で、こちらからのアプローチを頻繁に行っています。今年も奄美大島からブログ枠で1人採用しました」と語る。

 これ以外にも、SNS最大手「ミクシィ」で熱心な女性会員が社員登用されたことがネット上で話題になったことも。

 一方、ブログを利用した企業PRも盛んだ。

 「リクナビ」では昨年度から人事担当者ブログのサービスを開始し、登録する6786社のほとんどで採用。求人求職サービス情報大手「エン・ジャパン」(東京)が525社を対象にした調査では、今年度、ブログを採用活動に導入する企業は前年比約2倍の44.6%に急増している。

 「エントリー者しか閲覧できない裏ブログを開設する企業もある。HPより情報の自由度が高い点で、採用活動の実態や企業の内側を学生に伝えやすい。今後、採用ツールとして急速に普及するでしょう」(同広報)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。