飲食店を経営されている方は、これをすぐにやりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わたくしはいつか飲食関係のお店を持ちたいと思っているのですが、いろんな楽しい仕掛けがしやすい業種だというのも、その理由のひとつです。

先日はこんなカードをいただきました。

昨年Twitterで知り合って(偶然拙著をお読み下さり、フォローしていただいた)以来、ランチミーティングは絶対ここ!という感じで利用させていただいている、名店かつ吉さんのオーナー、吉田さんのもの。

これをお店に持っていくと、何かちょっとサービスしてくれるという寸法です。

名刺を倍の長さにして、この紹介カードをミシン目でちぎれるようにしておくのもいいですね。

この類のカードの良いところは、誰が紹介してくれたのかわかるのは当然のこと、カードを持ってきた人の名前もわかること。つまり、お店の人はカードをもらった瞬間に、「お客様」ではなくて、「●●●様」と名前でお呼びすることができるのです。

これはお客としては嬉しいですよね。
お得意様気分を味わっていただけるというわけです。

それで気分よくお食事をした後に、また新しいカードを渡す→またご紹介客の連鎖が起きる。クーポンなどで、安売り目当てだけの新規客なんて、集めなくていいのです。

カード作るだけなんですけど、何でほとんどのお店でやってないのか、ホント不思議です。

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。