名刺もはっきり言って「タイトル」次第!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
いつも名刺作りのセミナーで申し上げていることなのですが、名刺に高度な仕事をさせたければさせたいほど、「キャッチ」が必要になってきます。

つまり、その場の話題作り程度の仕事で良ければ、変わった素材を使ったり、見た目の奇抜さなどで何とかなるのですが、本当に相手の懐に飛び込んで、「その人に頼られる人脈」になりたければ、グサっと刺さるキャッチをドーンと見せる必要があるのです。

そのキャッチは、肩書きかも知れないし、何かのフレーズかもしれない。

でも、いずれにせよそれはタイトル!なのは間違いありません。

タイトル力を鍛えるわけです。

最近出た、中山マコトさんの新刊では、これでもかというほどタイトルを書くスキルが上がる12の法則が掲載されているのですが、特にそのうちの1と3と、4と5。それから8と9と10(ほとんど全部やないかい!)は、名刺に使うキャッチコピーをレベルアップするのにもそのまま使えます!

この本はホントそのまま役に立つので、キャンペーンで何かが当る!とか、全然要らないんですけど、一応やってるというのでコチラ。(5日の深夜12時まで)

「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本
「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。