IBMさんのウェブ名刺と考え方がハンパなく先進的な件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
いつも名刺作りのセミナーなどでお話ししていることのひとつに、「ソーシャルメディアはウェブ名刺!」という言葉があります。

紙の名刺の場合ですと、自分を表現するスペースがどうしても限られてしまうのですが(そこへいかにしてキッチリ収めるかが名刺アドバイザーとしては燃えるわけですけどね)、ウェブの場合は無限大です。

現在では、自分に合ったソーシャルメディア、例えば文章を書くのが好きな人はブログへ、動画で表現するのが得意な人はYoutubeへ、とにかくワイワイ交流したい人はフェイスブックへと、アピールすべきツール・環境がほとんど無料で用意されています。

これを利用しない手はないでしょう。
最初は紙の名刺→興味を持つ→ウェブでの交流、もしくは最初はウェブでの交流→一度会いましょうということに→会って紙の名刺でご挨拶というパターン、ふたつあると思いますが、紙の名刺もウェブ名刺も、今では同じくらい大事なんですね。

しかし、「会社の人間」という立場ですと、いろんな社内の制約もあったりして、ソーシャル活動は自由にできない方がほとんどだと思います。

・・・と思ったら、日本IBMさんはそのあたりバリバリにやってましたね。なんと会社が「ウェブ名刺のフォーマット」を準備して社員さんに使わせている。さすがです。

社員の個性を押さえつけて会社のブランドを守ろうという統制の取り方と、最低限のルールは設けつつ、好きなように発信させるというやり方では、どちらが社員がノビノビと仕事してくれるか、火を見るより明らかだと思います。

(Web&SW.com事業部 部長 吉田賢治郎さんの「ウェブ名刺」)

ただ、IBMのような、社員さんの平均的レベルが一般の会社より高い会社さんだからそんなことできるんだという意見もあるでしょう。確かに管理する側からしたら、押さえこむほうが楽ですしね。

しかし、今後間違いなくやってくる本格的な「個」の時代、社員ひとりひとりを会社という集団に埋もれさせるよりは、ある程度自由に動ける環境というか風土というか、ルール作りをしていかないと、いつか会社も社員も後悔するときがくるんじゃないかなって思いますねー。

というのは、「会社がダメって言ってるから」という理由で、個人のツイッターやフェイスブックのアカウントさえ持っていない人がいかに多いか!
わたくし40歳ですが、例えば高校の友人でフェイスブックでつながっているのはたった一人です。働き盛りの人間が、実は全然ソーシャルメディアやってないんです。ちょっと怖いですね。

今後、もっともっと経済的に厳しい世の中になっていくと個人的には思っているのですが、その時にソーシャルメディア使えないとどうなるか?いきなり会社が倒産とか、リストラに遭ったときに、ひとりで食っていくのはなかなか難しいんじゃないかと。
もちろん「自分は営業スキルもあるから会社をクビになっても大丈夫」という方もいらっしゃるとは思いますが、わたくしはソーシャルなしではもう無理ですね。

>>IBMのウェブ名刺についてけんじろうさんのブログ記事

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。