名刺に自社製品をちょいと貼るだけで・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 先日、だいたひかるさんとのコラボで開催しました文具祭り(なんと80名ほどの方にご参加いただき大盛況でした)にていただいたお名刺です。ユーザー目線での気配り心配りな商品開発が売りのカンミ堂さん。

現在売り出し中の付箋界の革命児、「cocofusen」がそのまま貼り付けてあります。これいいんですよ。どこにも貼り付けられて、しかも一枚ずつ取り出しやすいので、電車乗るときに読む本にくっつけて、ペタペタしてます。

しかしまぁ、名刺のこの位置に貼るためにこのサイズにしたんじゃないかというほどピッタリはまってますよね。(笑)

名刺にサンプルを付ける場合、封筒型の名刺にして中にサンプルを入れたり、こうして直接貼り付けたり、いろいろ方法はありますが、ひとつ重要なのは、「その結果ちゃんと名刺フォルダーにも入るか?」ということ。

あんまり分厚くなりすぎると、フォルダに入れてもらいにくくなる→どこかにとりあえず避けられる→最終的にどこか行っちゃう!

こうなるんですね。だから、こういったオマケものは、そのあたりの塩梅が重要なんですよね。もらった相手が困らないような気配りをしましょう。

以前いただいたものでは、こんな破天荒なオマケ名刺もありましたが。(笑)

あ、ちなみに次回の文具祭りは12/11(火)です。
今年の文具の振り返りなどもやりたいですねー。気になる方は手帳に書き込んで置いてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。