なぜこのブログを書いているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも最近、インターネット上では自由奔放に(いやむしろネット上だけでは横暴な人さえたまにお見受けするほど)振舞うことが出来ても、対面のコミュニケーションでは何を話していいのかよくわからないという若者が増えているようです。
いや、若者だけではないかも。
いい年をした大人でさえ、コミュニケーション能力不足でビジネスがうまく行かない、営業成績が伸びない、自分は商売に向いていないんじゃないか?と悩んでいる人は多いと思います。

実は、わたしもそのひとりだったんです。
というか、今も正直、人見知りですし。

しかしあるとき、自分でこの性格を克服するのが難しいのなら、何か道具を使えばいいのでは?と思い立ち、初対面で交わす名刺に工夫をすることを考え始めました。
それで、何をしたか?

要は、いろんな突っ込みどころを名刺に仕込んでおくんですね。
すると、こちらが例え初対面で何をお話していいかわからずシドロモドロでも、名刺を見て先方から声を掛けてくれるようになってきたのです!

これはおもしろい!ということで、このことを、同じ悩みで困っているたくさんの方に知ってもらいたいという思いで、このブログを書き続けている次第です。

その後、作ったものをすぐに名刺の形で確認したいという思いから、社長に頼んでプロ仕様のレーザープリンターと裁断機を導入してもらい、ついには自社内である程度の名刺は作れるようになってしまいました。
今ではこのシステムに加えて、イラストレーターデータがベースのものや特殊加工のものは、印刷業者さんに外注したり、状況に応じていろいろやるようになっています。

名刺作成を依頼されると断れないんですけど、本業も多忙でどうしても限界にきています。ですのでいったん名刺の受注はストップすることにいたしました。大変申し訳ありません。
そう考えると、今後の活動としては、多くの方に、一度にこうしたノウハウをご提供できるという面で、セミナーやワークショップが増えていくと思います。

(2008/10:追記)
名刺活用の可能性を多くの方に知っていただく手段として、日本名刺協会を設立しました。名刺印刷や販促ツール作成に関わっていらっしゃる方々にこうしたノウハウをお伝えし、名刺の効果を広く世間にアピールしていただくことを目的としています。今後の活動にご期待ください。
 

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。