「ポジティブカード」をいただきました。この考えは名刺にも使えますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 今朝、読書の朝活があったんですが、いっしょにファシリテーターをしてくださった福島さんが、名刺交換の際にこんなものを配ってました。

あ、どこかで見たことある!ポジティブカードっていうのですねコレ!
何枚かの中から選んでもらうと、カードごとに裏側に違う言葉(メッセージ)が書かれているというもの。

ちなみにわたくしはピンクを選んだら、こんな言葉が出ました。

うーん、なるほど。その日の指針を神様からもらっているような感じもしますね。(笑)

名刺の人からすると、これ名刺にすればいいのにーと思ってしまいます。
いや、昔からあるんですよね。表は普通の名刺なんだけど、裏はいろんな柄や言葉になってて、裏面をざっと見せて好きなの選んでもらうという手法は。

あいだみつをさんみたいなメッセージをいくつか仕込んで選んでもらうのもいいし、血液型や星座によって違うコンテンツを裏に刷って、やはり同じように選んでもらうとか。

こうすることで、相手の星座や血液型がわかるので、そこから会話が生まれたりするのです。(血液型なら4種類で済みますが、星座は12種類も用意しないといけないので大変ですがw)

今回のように、選んでめくってから初めて「その日の言葉」がわかる仕組みの場合は、表面の普通の名刺のほうをざざっと見せて、選んでもらう。
全部同じ見て目でもいいし、ポジティブカードのように紙そのものの色を変えてもいいですね。そのあたりの工夫はいろいろできそうです。

自分の好きな言葉をプレゼントするのってちょっと素敵ですよねー。あまり暑苦しいのもアレですが。(笑)

そんな福島さんの著書↓↓↓

ソーシャルメディア時代の朝活術 「いいね!」から始まる仲間と一緒に自分を高める方法

福島宏明,森暁子 アスキー・メディアワークス 2012-03-31
売り上げランキング : 121993

by ヨメレバ

JUGEMテーマ:名刺のノウハウ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。